タグ別アーカイブ: 腸内細菌

富士山水-2

ゼオライト、乳酸菌生産物質、遠赤セラミック、溶岩マリモ 「浄水器 富士山水-2」

ゼオライト、乳酸菌生産物質、遠赤セラミック、溶岩マリモ 「浄水器 富士山水-2」

ゼオライト、乳酸菌生産物質、遠赤セラミック、溶岩マリモ

浄水器 富士山水-2

商品コード:900-009

化学的に処理したり、化学的装置によって水を浄化するのではなく、 『富士山水-2』は、純粋に天然の素材のみで濾過。 自然のまま安心でおいしい水が、ご家庭で経済的にご利用頂けます。

●高純度ヤシガラ活性炭

塩素、有機物、異臭などの吸着能力に優れた ヤシガラ活性炭1g当たりの表面積が1,000~1,200平方メートルと大きくなりました。 これにより、水道水中の混入物質を除去します。

●ビオネセラミックボール

『乳酸菌生産物質』や『クリスマス島の海の塩』、 『ヒマラヤの岩塩』を配合して炭で焼き上げた 独自のセラミックで水をまろやかにします。

●遠赤外線セラミック

20種類の金属元素を含む有機鉱物を焼成することで 遠赤外線を発生し、水の活性化を促します。

●ゼオライトセラミック

トリハロメタンや溶解性鉛を吸着します。

●カルミックセラミック

ミネラル溶出と共にPH調整を行い、水の弱アルカリ性を促します。

●溶岩マリモ

富士山の溶岩から、今話題のミネラル「富士山パナジウム水」の元。 「亜鉛」などのミネラルを溶出します。

詳しくは : http://store.shopping.yahoo.co.jp/natural-wood/bio-fujisansui2.html

海草物語

海草物語:自然由来の鉄分・食物繊維・亜鉛・カルシウム・マグネシウムを豊富に含んだ栄養機能食品

海草物語

自然由来の鉄分・食物繊維・亜鉛・カルシウム・マグネシウムを豊富に含んだ栄養機能食品 海草物語 栄養機能食品(鉄) 250mgX600粒
大きい画像を見る

自然由来の鉄分・食物繊維・亜鉛・カルシウム・マグネシウムを豊富に含んだ栄養機能食品 海草物語


海草物語
海草物語

海草物語

海草物語

海草物語

 

古来より海草や穀類でミネラルを補給してきた日本人鉄分補給にはヘム鉄が有名ですが、海草物語は日本人にあった海草や穀類から作られています。

ミオグロビとヘモグロビンに自然由来の安心な栄養機能食品でミネラル補給を!

パッケージリニューアル中のため旧パッケージでのお届けとなる場合が御座いますので、あらかじめご了承下さい。

詳しくは : http://store.shopping.yahoo.co.jp/natural-wood/bio-kaiso-250mg-216.html

ご来店 お待ちしております。

乳酸菌生産物質 ビオネU

乳酸菌生産物質 ビオネ

乳酸菌生産物質 ビオネ


70年以上の強化熟成培養! 皆様に愛され続け20年以上!
新世代の乳酸菌サプリメント「乳酸菌生産物質ビオネ」

<ビオネ>は新世代の乳酸菌サプリメントです。8種類の乳酸桿菌、4種類の乳酸球菌、4種類の酵母菌を

昭和7年(1932年)から強化培養を続け、その16種類の菌を1年半共棲培養し、熟成させて

強い乳酸菌生産物質を抽出した原料をもとに製造しています。

当社独自の研究開発により、酸味を抑えた飲みやすい味に仕上げています。

 

お召し上がり方
添付のカップ1杯(20ml)位を1日1~3回を目安に毎日続けてお飲み下さい。

※開栓後は、冷蔵庫にて保管して下さい。

乳酸菌生産物質 ビオネ乳酸菌生産物質 ビオネ

詳しくは : http://store.shopping.yahoo.co.jp/natural-wood/bione-u.html

ご来店 お待ちしております。

ビートオリゴ(ラフィノース)

ビートオリゴ(ラフィノース)

ビートオリゴ(ラフィノース)


ビートオリゴ(ラフィノース)
ビートオリゴ(ラフィノース)

ビートオリゴ(ラフィノース)

ビートオリゴ(ラフィノース)
北海道産のさとう大根(甜菜)は高純度で品質の良いオリゴ糖の原料です。

配合成分の99.5%がビートオリゴ糖(ラフィノース)

残りの0.5%はビート糖です。 つまり、純度99.5%のオリゴ糖! 北海道のさとう大根(甜菜)は、秋の収穫期を迎え気温が下がると 自分自身が凍結するのを防ぐためにオリゴ糖の結晶を蓄えます。

この自然に出来たオリゴ糖の結晶を抽出した物がビートオリゴ糖 (ラフィノース)です。

自然由来のオリゴ糖なので、性別や年齢を問わずどなたにも 安心してお召し上がり頂けます。

詳しくは : http://store.shopping.yahoo.co.jp/natural-wood/a5d3a1bca5.html

ご来店 お待ちしております。

心と体を変える “底力” は “腸” にある 腸脳力

心と体を変える “底力” は “腸” にある 腸脳力

内容紹介

いまのニッポン、頭でっかちな健康論ではもう間に合わない。
今世紀を生き抜く力は「腸脳力」にあり!

粛々たる生命知の専門家――新谷弘美氏、安保徹氏、光岡知足氏、村上和雄氏、栗本慎一郎氏、推薦!!食べたもの、飲んだもの、そして呼吸が、どうやって私 達の「体」と「心」になるか知っていますか?その仕組みと”腸”に秘められた凄いチカラを教えます。脳よりずっと起源の古い命の源「腸」。その役割は食べ 物を消化しているだけではありません。「ハラを据えて掛かる」「ハラを割って話す」などの言葉があるようにこの「腸」にこそ”覚悟”や”直観”などの”生 きるための力と知恵”=「腸脳力」があるのです。この本では、そんな「腸脳力」の仕組みと活性方法をご紹介しています。

内容(「BOOK」データベースより)

脳よりもずっと起源の古い命の源「腸」。その役割は食べ物を消化しているだけではありません。「ハラを据えて掛かる」「ハラを割って話す」などの言葉があ るようにこの「腸」にこそ“覚悟”や“直感”などの“生きるための力と知恵”=「腸脳力」があるのです。この本では、そんな「腸脳力」の仕組みと活性方法 を紹介しています。

汚れた腸が病気をつくる―腸をクリーンにする究極的方法

汚れた腸が病気をつくる―腸をクリーンにする究極的方法

内容(「BOOK」データベースより)

腸を軽視した現代人は腸内汚染と大腸トラブルを起こしている。腸の機能不全は万病のもと、ため込んだ汚れを一掃して正常でキレイな腸に戻してやれば、多くの病気は驚くほど回復する。

30万人以上の患者を救ってきたジェンセン博士の、誰でも出来る自然な腸内浄化と健康法を紹介。

内容(「MARC」データベースより)

腸の機能不全は万病のもと、ため込んだ汚れを一掃して正常でキレイな腸に戻してやれば、多くの病気は驚くほど回復する。20万人以上の患者を救ってきた、ジェンセン博士の腸内浄化と健康法。

人の健康は腸内細菌で決まる -善玉菌と悪玉菌を科学する

人の健康は腸内細菌で決まる -善玉菌と悪玉菌を科学する





内容紹介(アマゾンから)


健康に関する予防医学と民間療法で“バイオジェニックス”が注目を浴びています。

西洋医学の薬や成分不明の漢方薬を使うのではなく、いまある体の複雑なバランスを再調整し、自然治癒力を促す物質を利用する方法論です。

その中において、人の体に有益な働きをする生きた微生物=プロバイオティクスについての研究の第一人者でもあり、善玉菌・悪玉菌という用語を世に広めた光岡知足さんが、腸内細菌と健康についての科学をやさしく語ります。人は腸内細菌と共存なしでは生きられないことが本書を通じてよくわかります。


内容(「BOOK」データベースより)


腸が元気であることは体全体が健康である証拠。

そのカギを握っているのがビフィズス菌などの善玉菌だ。

腸内の善玉菌を増やし、悪玉菌を減らすには何を食べ、どう過ごせばいいか?腸内細菌研究の第一人者が豊富な研究データをもとに語る健康長寿のための決定版。

糖尿病を治したければ、腸内細菌を変えなさい

糖尿病を治したければ、腸内細菌を変えなさい

内容紹介(アマゾンから)

藤田紘一郎先生の最新刊。腸内細菌を健康にすれば、糖尿病も解決。

糖質の多さが腸内細菌のバランスを崩し、肥満、糖尿病の原因に。著者が実践した糖尿病治しのコツを公開。

腸の健康が寿命を決める! 腸内細菌をよくすれば、悩みの糖尿病も解決できる。

糖尿病になった著者・藤田紘一郎先生。食事療法の王道であるカロリー制限をしたが、よくならない。そこで、思い切って食事から糖質を抜いたところ、体重は数カ月で10kg減。

血糖値もヘモグロビンA1cもすべて正常値まで低下。おまけにEDまですっかり治ってしまう。

糖質を抜いた食事はお腹のカイチュウにも心地いいのか、育ちがよくなることがわかる。

これらの好結果から藤田先生は、「現代人の糖質の多さが、腸内細菌をダメにして本来持つ機能を鈍らせ、糖尿病やEDを招く」と説く。

さらには、「野性のオオカミがペットの犬になったのも、草食男子が増えたのもすべて糖質が原因」とも。

まずは腸内細菌を正すことが悩みの病気を治す近道。

実際に藤田先生が行い、腸内細菌も糖尿病もよくした食生活のコツを公開。

米よりもステーキを食べるほうがいいのです。
著者について
藤田 紘一郎(ふじた こういちろう): 1939年、中国東北部(満州)に生まれる。

東京医科歯科大学医学部卒業、東京大学大学院医学系研究科博士課程を修了。

医学博士。金沢医科大学教授、長崎大学教授を経て、東京医科歯科大学大学院教授を経て、現在は同大学名誉教授。人間総合科学大学教授。

専門は寄生虫学と熱帯医学、感染免疫学。83年に寄生虫体内のアレルゲン発見で小泉賞を受賞。2000年にヒトATLウイルス電線経路などで日本文化振興会社会文化賞、および国際文栄養賞を受賞。腸内細菌、アレルギーに関する著書多数。