タグ別アーカイブ: 糖尿病

糖尿病を治したければ、腸内細菌を変えなさい

糖尿病を治したければ、腸内細菌を変えなさい

内容紹介(アマゾンから)

藤田紘一郎先生の最新刊。腸内細菌を健康にすれば、糖尿病も解決。

糖質の多さが腸内細菌のバランスを崩し、肥満、糖尿病の原因に。著者が実践した糖尿病治しのコツを公開。

腸の健康が寿命を決める! 腸内細菌をよくすれば、悩みの糖尿病も解決できる。

糖尿病になった著者・藤田紘一郎先生。食事療法の王道であるカロリー制限をしたが、よくならない。そこで、思い切って食事から糖質を抜いたところ、体重は数カ月で10kg減。

血糖値もヘモグロビンA1cもすべて正常値まで低下。おまけにEDまですっかり治ってしまう。

糖質を抜いた食事はお腹のカイチュウにも心地いいのか、育ちがよくなることがわかる。

これらの好結果から藤田先生は、「現代人の糖質の多さが、腸内細菌をダメにして本来持つ機能を鈍らせ、糖尿病やEDを招く」と説く。

さらには、「野性のオオカミがペットの犬になったのも、草食男子が増えたのもすべて糖質が原因」とも。

まずは腸内細菌を正すことが悩みの病気を治す近道。

実際に藤田先生が行い、腸内細菌も糖尿病もよくした食生活のコツを公開。

米よりもステーキを食べるほうがいいのです。
著者について
藤田 紘一郎(ふじた こういちろう): 1939年、中国東北部(満州)に生まれる。

東京医科歯科大学医学部卒業、東京大学大学院医学系研究科博士課程を修了。

医学博士。金沢医科大学教授、長崎大学教授を経て、東京医科歯科大学大学院教授を経て、現在は同大学名誉教授。人間総合科学大学教授。

専門は寄生虫学と熱帯医学、感染免疫学。83年に寄生虫体内のアレルゲン発見で小泉賞を受賞。2000年にヒトATLウイルス電線経路などで日本文化振興会社会文化賞、および国際文栄養賞を受賞。腸内細菌、アレルギーに関する著書多数。