カテゴリー別アーカイブ: 腸内環境改善

アトピー と 乳酸菌

アトピー と 乳酸菌

乳酸菌がアトピーを始め、アレルギー体質改善に良い という話はよく聞きます。

乳酸菌、腸内細菌のことですが、腸内細菌は一人当たり100種類以上、100兆個以上の腸内細菌が生息していると言われます。

また 人それぞれ違う腸内細菌があり、それは、親から貰ったもの、と地域に影響されているといわれます。

腸内細菌の研究は、まだまだこれから というのが現状で、未開の分野です。

ですから 説も色々あり、「生きたまま腸まで届く」から良いというイメージで宣伝している乳酸菌もありますが、口から入れた乳酸菌が体内で生息することは まずない。 という説も有力です。

この説を基本に考えると「生きたまま腸まで届く乳酸菌」であっても意味がないのでは? となってしまいます。

腸内細菌を元気に活発にすることは 大切であり重要であることは 間違いありません。

しかし、どうすれば腸内細菌が元気に活発になるのか?

が問題が残っているのです。

一つの方法は、乳酸菌生産物質 です。

これは、乳酸菌が発酵するときにできる代謝物質です。

この代謝物質は胃酸にも負けず、腸まで届き、自分の腸内細菌の栄養になり、腸内細菌が元気になるように応援します。

発酵食品には全て、この乳酸菌の代謝物質が含まれます。

ですから、「発酵食品が体に良い!」という説があります。

この乳酸菌の代謝物質:乳酸菌生産物質 を抽出したサプリメントがあります。

乳酸菌生産物質 ビオネ乳酸菌サプリメントやヨーグルトを毎日飲んでいるけれど・・・・・

効果に疑問を持っているかた 乳酸菌生産物質 を試してください。

詳しくは、ご来店のうえご確認ください。

http://store.shopping.yahoo.co.jp/natural-wood/bione-b.html

2500年前の経典に乳酸菌生産物質が!

2500年前に釈迦が残した経典中に、ある有効菌の分泌物に関する経文があることを、西本願寺の門主であり、宗祖・親鸞の血脈を
受け継ぐ大谷光瑞師が発見!

内容:
「醍醐は最上最妙なり。若能ふくする有れば、衆病ことごとく除く。一切諸薬はことごとく其の中にに入る」(大般涅槃経巻第十三より)」

現代文:
「人間の煩悩を断ち切り、経典の教えの中に身を置けば、おのずと心身は清められ、病は遠ざかる。
そうすれば「醍醐」と同じ効果が得られる」

「醍醐」とは
「牛より乳(原乳のこと)を出し、乳より酪を出し、酪より生酥(発酵食品)を出し、生酥より熟酥(一般に酵素)を出し、熟酥より醍醐を
出すがごとし。醍醐(乳酸菌生産物質)最上なり」

と言うことです。
———————————————

それにしても、2500年前に釈迦が乳酸菌生産物質の効用を指摘していた事実には、ビックリしますね。

大谷氏は経典の中から、万病に効くという乳酸菌生産物質をしり、研究に没しました。それを受け継いだが弟子の正垣一義氏です。

正垣氏は昭和7年より、フランス式の細菌研究所で有効微生物を研究し続けた結果、11年後の昭和18年、共棲しうる菌、つまり協力し合える菌同士を
選択し、16種類の有効菌を取り出して共棲培養する時、その時こそ最も強力で、かつ最も有効な分泌物を各種菌が生み出すことを発見しました。

さらに研究を続け、昭和54年に現在の乳酸菌生産物質の製法が完成しました。

なんと研究開始から48年も掛かって、2500年前のお釈迦様の経典にあった「醍醐(乳酸菌生産物質)」が完成したのです。

———————————————–

十種類の菌から醸成された乳酸菌生産物質は、文字通り「生産物質」であり、生きた菌のことではありません。

だからこそ熱、酸素、時間、環境、などの条件に一切左右されない完全な形で、人間の体内で有効な働きをしてくれるのです。

生きた菌を体内に入れてやっても、菌は一万種類もある白血球との相性がよくないと死滅し排泄されます。

ですから、生きた菌が体内に入っても、生息することは稀です。

しかし、乳酸菌生産物質を体内に送り込んでやれば、健康な人間の腸内で有効菌が活発に働いてくれますので、最良の方法だと思います。

———————————————–
それにしても「2500年前に釈迦はこのことを知っていた」とは 驚くばかりです。

この正垣一義氏が作り出した製法で造っているのが「ビオネ」です。

経典に乳酸菌生産物質

低体温 

低体温

食べたものが発酵していない。

食べた物は 消化器官で栄養が吸収できるように、 腸内細菌 などの働きで 発酵していきます。

発酵状態が悪いと 腸内で腐敗が始まり、血液が汚れてきます。

穀類と発酵食品を食べ、冷たい物は控える(お腹を冷やすと 腸内細菌も元気をなくします )

 

醗酵食品

 

ご飯 味噌汁

血流改善 の為  運動 や お風呂 サウナ で 血流改善 も 有効です。

karada-atatameru.jpg

 

スマーティ

乳酸菌 サプリメント

乳酸菌 サプリメント

乳酸菌サプリメントには 生菌 又は 死菌 の数が記載されている物が多くあります。

生菌であっても、胃酸で死滅しますが、特殊な加工をすることで大腸まで生きて 届くと言われている 乳酸菌サプリメントもあります。

しかし、乳酸菌には複雑な相性がありますので、生菌であっても 体内に生息することは まずありません。

生菌であっても死菌であっても 体内に生息してる腸内細菌からすると、異性物と認識し排泄するために生息している腸内細菌が活発な働きをするので 腸内環境が改善されると言われております。

生息している腸内細菌を元気にバランスよくする方法には もう一つあります。

あまり知られていないようですが、醗酵食品などには醗酵するときに乳酸菌から作られている代謝物「乳酸菌生産物質」が多く含まれています。

この乳酸菌生産物質が体内に入ると、体にもともと生息している腸内細菌(乳酸菌)を元気にしてくれ、腸内細菌のバランスを正常化してくれて 健康を大きくサポートしてくれます。

発酵食品が体に良いと言われるのは ここに原因があります。

この乳酸菌の代謝物「乳酸菌生産物質」を凝縮した サプリメント があることを知っていますか?

体に優しく作用してくれます。 腸は健康を維持する為の 最も大切な器官と言えるほど大切な器官で その中で腸内細菌も大切な役割を果たしています。

乳酸菌 サプリメント

乳酸菌サプリに人気があるようですが、乳酸菌生産物質 と言う 醗酵食品の原点でもあるような サプリ があること 是非覚えてください。 そして ご愛用ください。

乳酸菌 サプリメント

乳酸菌生産物質とは

乳酸菌生産物質とは

腸内に生まれたときから住み着いている腸内細菌の中の善玉菌グループが、作り出している大切な物質です。
乳酸菌生産物質は「乳酸菌代謝産物」とも言われ、腸内細菌のバランスを正常に保持し、ヒトの健康を維持しています。
「代謝産物」とは、何かを食べた代わりに、まったく別の「物質」を放出するイメージです。例えば、蚕は桑の葉を食べて「絹」を作りますが、もともと「絹」は、蚕にも桑の葉にも存在しません。
乳酸菌生産物質も、乳酸菌が作り出す「代謝産物」です。

腸内細菌のバランスは、ストレス、生活習慣病、加齢によって崩れ、健康に大きく影響されることがあります。

乳酸菌生産物質は、腸内細菌のバランスを整え、免疫作用に直接働きかけ健康をサポートしています。

乳酸菌サプリメント紹介 http://birds-eye.info/supplement/category/%E8%85%B8%E5%86%85%E7%92%B0%E5%A2%83%E6%94%B9%E5%96%84/%E4%B9%B3%E9%85%B8%E8%8F%8C%E3%80%80%E3%82%B5%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88/

 

ご来店 お待ちしております。

便秘:ヒポクラテスの格言に「健全なる体を心掛ける者は完全なる排泄を心掛けねばならない」とあります。

便秘:ヒポクラテスの格言に「健全なる体を心掛ける者は完全なる排泄を心掛けねばならない」とあります。

便秘が 如何に問題か 2000年以上も前から分かっていたのですね。

また、ヒポクラテスは「人は自然から遠ざかるほど病気に近づく」とも言ってます。

薬で無理やり出す では ヒポクラテスの言う「自然から遠ざかっている」ことになります。

まず お腹を冷やさない、冷たいものを食べ過ぎない、発酵食品を多く食べる、糖質の少ない食品を食べる。 などで 親から貰って 共生し続けている「腸内細菌」を元気にし 腸内環境を改善してください。

そして 腸内環境サプリ を 効果的に 使ってください。 お腹が喜びます。お腹が喜ぶと あなたの気持ちも快適になることでしょう !

 腸内環境(腸内細菌)改善 サプリ・器具 紹介

 

 

富士山水-2

ゼオライト、乳酸菌生産物質、遠赤セラミック、溶岩マリモ 「浄水器 富士山水-2」

ゼオライト、乳酸菌生産物質、遠赤セラミック、溶岩マリモ 「浄水器 富士山水-2」

ゼオライト、乳酸菌生産物質、遠赤セラミック、溶岩マリモ

浄水器 富士山水-2

商品コード:900-009

化学的に処理したり、化学的装置によって水を浄化するのではなく、 『富士山水-2』は、純粋に天然の素材のみで濾過。 自然のまま安心でおいしい水が、ご家庭で経済的にご利用頂けます。

●高純度ヤシガラ活性炭

塩素、有機物、異臭などの吸着能力に優れた ヤシガラ活性炭1g当たりの表面積が1,000~1,200平方メートルと大きくなりました。 これにより、水道水中の混入物質を除去します。

●ビオネセラミックボール

『乳酸菌生産物質』や『クリスマス島の海の塩』、 『ヒマラヤの岩塩』を配合して炭で焼き上げた 独自のセラミックで水をまろやかにします。

●遠赤外線セラミック

20種類の金属元素を含む有機鉱物を焼成することで 遠赤外線を発生し、水の活性化を促します。

●ゼオライトセラミック

トリハロメタンや溶解性鉛を吸着します。

●カルミックセラミック

ミネラル溶出と共にPH調整を行い、水の弱アルカリ性を促します。

●溶岩マリモ

富士山の溶岩から、今話題のミネラル「富士山パナジウム水」の元。 「亜鉛」などのミネラルを溶出します。

詳しくは : http://store.shopping.yahoo.co.jp/natural-wood/bio-fujisansui2.html