教えて のすべての投稿

アトピー と 乳酸菌

アトピー と 乳酸菌

乳酸菌がアトピーを始め、アレルギー体質改善に良い という話はよく聞きます。

乳酸菌、腸内細菌のことですが、腸内細菌は一人当たり100種類以上、100兆個以上の腸内細菌が生息していると言われます。

また 人それぞれ違う腸内細菌があり、それは、親から貰ったもの、と地域に影響されているといわれます。

腸内細菌の研究は、まだまだこれから というのが現状で、未開の分野です。

ですから 説も色々あり、「生きたまま腸まで届く」から良いというイメージで宣伝している乳酸菌もありますが、口から入れた乳酸菌が体内で生息することは まずない。 という説も有力です。

この説を基本に考えると「生きたまま腸まで届く乳酸菌」であっても意味がないのでは? となってしまいます。

腸内細菌を元気に活発にすることは 大切であり重要であることは 間違いありません。

しかし、どうすれば腸内細菌が元気に活発になるのか?

が問題が残っているのです。

一つの方法は、乳酸菌生産物質 です。

これは、乳酸菌が発酵するときにできる代謝物質です。

この代謝物質は胃酸にも負けず、腸まで届き、自分の腸内細菌の栄養になり、腸内細菌が元気になるように応援します。

発酵食品には全て、この乳酸菌の代謝物質が含まれます。

ですから、「発酵食品が体に良い!」という説があります。

この乳酸菌の代謝物質:乳酸菌生産物質 を抽出したサプリメントがあります。

乳酸菌生産物質 ビオネ乳酸菌サプリメントやヨーグルトを毎日飲んでいるけれど・・・・・

効果に疑問を持っているかた 乳酸菌生産物質 を試してください。

詳しくは、ご来店のうえご確認ください。

http://store.shopping.yahoo.co.jp/natural-wood/bione-b.html

アンチョビのレシピのご紹介

魚釣りで 鰯がいっぱい釣れたとき に造っておくのも 良いでしょう !

—————————————————

「アンチョビのレシピのご紹介」( 平井里枝様から)

アンチョビは発酵食品。魚の酵素がたんぱく質をアミノ酸に変え、旨みを引出ながら熟成します。塩味のきいた調味料としても重宝します。つけ液は、ナンプラーになります。

ネットや本などでは、片口イワシを使って紹介されていますが、皮を剥いだりしていると身が小さくなりなくなりそう。真イワシで作ると身が肉厚で処理も簡 単、断然お味も片口イワシより数段上。内臓も塩漬けが終わり、オリーブオイル漬けにする前に処理します。新鮮な真イワシが手に入ったら、ぜひお試しくださ い。

anchobi-1

材料:
刺身用真イワシ     20尾
自然塩   イワシの目方の20%

クローブ・粒胡椒・月桂樹の葉

1)イワシは塩水できれいに洗い、水気を拭く。
2)容器の底に塩を敷きイワシ、塩と交互に重ねていく。
3)軽い重石をして液が上がるまで1~2か月間冷蔵発酵。
4)3枚におろし(皮も剥がす)瓶に詰め、オリーブオイルをヒタヒタになるまで注ぐ。香辛料を入れ空気を抜いて常温で、1か月熟成させる。

食べ物に 注意を払いながら、腸内環境改善サプリメントを愛用すると 大きな意味があります

乳酸菌タップリ・野菜の食べ方

<乳酸菌タップリ・野菜の食べ方>

原 三郎 先生の記事を紹介します。

一口サイズの洗った野菜に1.5%の食塩をまぶして漬物器でプレスしておくと、やがて水が出てきます。出てくる水の量は、野菜全体の60%にもなります。つまり、このようにして漬けた漬物100gは元の野菜の250gに相当します。
この野菜、単なる塩漬けではありません。漬物器の中では盛んに発酵が起こります。

やがて、乳酸菌がいっぱい繁殖して、漬物器の中は乳酸菌だらけになります。
内部の野菜は何日過ぎても腐ることはなく、だんだん酸っぱくなるだけです。

内部では乳酸菌の天下が続き、変な病源菌などが繁殖する余地はありません。

少しすっぱかったけれども、2週間、漬物を食べてみたけれども、おいしく食べられたし、お腹をこわすこともありませんでした。
大腸の中も同じことで、乳酸菌の繁殖がうまく行けば、悪玉菌の繁殖は無く、お腹は快調になります。
漬物器から取り出した水を見ると、白く濁っています。これこそ乳酸菌なのです。

次に野菜を漬ける時、この水を足してやりますと漬物の出来上がりは早くなります。

薄い紫色をしているのは、茄子やパプリカの色がにじみ出ているためであう。
本来なら消化されて小腸で吸収されてしまうデンプンのアミラーゼ消化物マルトースを、桑の葉を飲んでそれ以上消化できないようにすると、マルトースが大腸へ流れ込みます。

マルトースは腸内細菌の絶好の餌ですから、非常に急速な腸内細菌、とりわけ乳酸菌の大増殖が起こります。

大腸では、漬物の時のように作り置きの乳酸菌を足すことはできません。

けれども、桑の葉を飲むことによって大腸の入口付近での乳酸菌の大増殖が起こるのです。
大腸の中を食物繊維で満たし、乳酸菌を大増殖させることは、健康の維持にとって不可欠です。野菜を食べること、桑の葉を飲むこと、この二つの実行が、暑さに痛めつけられ弱り切ったあなたの身体を即座に回復させる切り札なのです。

10624867_710985498937720_5581186712894272756_n

——————————

塩は 海塩ですよ! (精選塩はダメ)

乳酸菌タップリ・野菜の食べ方  

<乳酸菌タップリ・野菜の食べ方>

原 三郎 先生の記事を紹介します。

食事に際して、葉物野菜を150gぐらいをまず食べて、それからその他の食べ物をお好きなように食べる、追加的に桑葉粉末または桑茶を飲む、毎食をこんな風に食べていただければ、皆さんが抱えておられる身体上の問題の解決にお役にたつだけでなく、老化予防やアンチエイジングなどの副次的効果も期待できます。
外食なのでそんなことはできないって方、奥様に参拝九拝して弁当を作ってもらう、せめて野菜ジュースで代行する、桑葉を忘れない、ことで対処してくださいね。
でも、150gの生の葉物野菜を食べるのは苦痛かもしれません。炒める、湯がく、塩漬け、など何らかの調理をしたものなら食べられるでしょう。

私は塩漬けに注目しています。理由は、

①生なのでビタミンやミネラルの損傷が少ない、

②水を除くことができるので、嵩が小さくなりたくさんの野菜を食べるのに都合が良い、などです。
白菜の葉を1.5%の食塩とともに市販の漬物容器で圧縮すると(写真左)、60%の水を除去することができ、100gの白菜(写真下)は40gになります。塩漬けの白菜100g(写真右)は元の生葉250gに相当し、食塩は1.5gしか含まれていません。食塩を心配される方にとってもお役にたつ方法ではないでしょうか。
1.5%の食塩はそんなに塩辛いものではありません。そのまま食べることもできますし、お好みのドレッシングなどで食べることもできます。野菜を摂る方法の一つに加えていただければ幸いです。

10592960_705809042788699_2130286056501040046_n

——————————

塩は 海塩ですよ! (精選塩はダメ)

2500年前の経典に乳酸菌生産物質が!

2500年前に釈迦が残した経典中に、ある有効菌の分泌物に関する経文があることを、西本願寺の門主であり、宗祖・親鸞の血脈を
受け継ぐ大谷光瑞師が発見!

内容:
「醍醐は最上最妙なり。若能ふくする有れば、衆病ことごとく除く。一切諸薬はことごとく其の中にに入る」(大般涅槃経巻第十三より)」

現代文:
「人間の煩悩を断ち切り、経典の教えの中に身を置けば、おのずと心身は清められ、病は遠ざかる。
そうすれば「醍醐」と同じ効果が得られる」

「醍醐」とは
「牛より乳(原乳のこと)を出し、乳より酪を出し、酪より生酥(発酵食品)を出し、生酥より熟酥(一般に酵素)を出し、熟酥より醍醐を
出すがごとし。醍醐(乳酸菌生産物質)最上なり」

と言うことです。
———————————————

それにしても、2500年前に釈迦が乳酸菌生産物質の効用を指摘していた事実には、ビックリしますね。

大谷氏は経典の中から、万病に効くという乳酸菌生産物質をしり、研究に没しました。それを受け継いだが弟子の正垣一義氏です。

正垣氏は昭和7年より、フランス式の細菌研究所で有効微生物を研究し続けた結果、11年後の昭和18年、共棲しうる菌、つまり協力し合える菌同士を
選択し、16種類の有効菌を取り出して共棲培養する時、その時こそ最も強力で、かつ最も有効な分泌物を各種菌が生み出すことを発見しました。

さらに研究を続け、昭和54年に現在の乳酸菌生産物質の製法が完成しました。

なんと研究開始から48年も掛かって、2500年前のお釈迦様の経典にあった「醍醐(乳酸菌生産物質)」が完成したのです。

———————————————–

十種類の菌から醸成された乳酸菌生産物質は、文字通り「生産物質」であり、生きた菌のことではありません。

だからこそ熱、酸素、時間、環境、などの条件に一切左右されない完全な形で、人間の体内で有効な働きをしてくれるのです。

生きた菌を体内に入れてやっても、菌は一万種類もある白血球との相性がよくないと死滅し排泄されます。

ですから、生きた菌が体内に入っても、生息することは稀です。

しかし、乳酸菌生産物質を体内に送り込んでやれば、健康な人間の腸内で有効菌が活発に働いてくれますので、最良の方法だと思います。

———————————————–
それにしても「2500年前に釈迦はこのことを知っていた」とは 驚くばかりです。

この正垣一義氏が作り出した製法で造っているのが「ビオネ」です。

経典に乳酸菌生産物質

乳酸菌生産物質のど飴 (78g)

乳酸菌生産物質のど飴 78g

昭和7年(1932年)から強化培養を続けている8種類の乳酸桿菌、 4種類の乳酸球菌、4種類の酵母菌を培地に豆乳を用いて1年以上 共棲培養と熟成を繰り返して抽出した乳酸菌生産物質 (バイオジェニックス・Biogenics)を配合しています。

北海道産の甜菜(さとう大根)から抽出した高純度の ビートオリゴ糖を配合してます。

乳酸は遺伝子組み換えをしていない「とうもろこし」を 乳酸菌発酵させて製造しています。

乳酸菌生産物質のど飴1袋 500円  健康志向のあなたの ご来店をお待ちしております。
乳酸菌生産物質のど飴(上の写真)をクリックしてください。

ダイエットの救世主 ビオネ・レアシュガーオリゴ

ダイエットの救世主 ビオネ・レアシュガーオリゴ

ビオネ・レアシュガーオリゴは、「希少糖」D-プシコース、D-アロースを含有する「レアシュガースウィート」50%

「フラクトオリゴ糖」48%「ビートオリゴ」2%を配合した甘味料です。

希少糖(D-プシコース・D-アロースなど)約7,5%含有

ブレンドした方が吸収する糖質は少なくなります。

ビオネ レアシュガー・オリゴ

ご来店 お待ちしております。 (上の画像をクリックしてください。)

希少糖は夢の糖

希少糖は夢の糖

ビオネ・レアシュガーオリゴは、「希少糖」D-プシコース、D-アロースを含有する「レアシュガースウィート」50%

「フラクトオリゴ糖」48%「ビートオリゴ」2%を配合した甘味料です。

希少糖(D-プシコース・D-アロースなど)約7,5%含有

ブレンドした方が吸収する糖質は少なくなります。

ビオネ レアシュガー・オリゴ

ご来店 お待ちしております。 (上の画像をクリックしてください。)