5月4日は和歌山の新和歌浦へドライブ

片道100kmのドライブだ。

一年ぶりくらいだったと思う。

お墓があるので、定期的には行っている。

今回最初に驚いたのは、阪神高速の料金。

1300円徴収された。

前回、一年くらい前は、700円だったように記憶している。

1300円は高くなったと驚いた。

私の場合は、伊丹空港辺から関空手間まで最長距離だから距離を考えると高いとは言えないようには思うが、値上がりの度合いは驚いた。

良いこともある。前回の時も開通していたが、26号線のバイパスが和歌山市内まで開通しているから これは早くなった。

バイパスの方が、信号が少なく、道が良いので早い。

それに、山の中を通っているので、新緑が美しく綺麗だ。

本当にドライブ気分が味わえる。

帰りは従来の道を走ったのだが、バイパスを通る人が増えた影響だろうと思うが、旧道を走る車が大幅に減っていた。

帰り道では、新しく出来ている道の駅、みさき公園の辺り、に寄って、ソフトクリームをいただいた。暑さの影響もあると思うが、美味し。

ただ問題は、道の駅の造りが分かりにくい。

ソフトクリームなど、表側の人の一番多い場所に設置すれば売上も倍増いや、天候によっては5倍は売れると思える。

しかし、裏側の分かりにくい食堂の片隅に設置している。

そこは、海側でもあるので景色は良いのだが、入り口を、駐車場からすぐに見える場所に造るべきだと思う。

墓参りを済ませたあとは、昼食をとるのだが、私は、新和歌浦で海を見ながら、食べるのがすきなので、今回も焼きたてのパンを買って食べた。

ゴールデンウィークの中日だからだろうが、賑わっていた。

普段の土日であれば、疎らに人が居るくらいの小さな観光地だ。

私は新和歌浦の景色が好きなこともあり、ここでゆっくり、まったり食事をするのが好きだ。

食事をしたあとごろ寝もできる。

地方都市の片隅の観光地ならではなのかもしれないが、そんな空気感を私は好きになってしまった。