太った人(デブ)ほど体が冷えている

太った人(デブ)ほど体が冷えている

太った人のお腹を触るとわかりますが、ひんやりしています。

太った人に共通しているのは、手足の先に冷えを感じやすい、

動くと疲れがでるので動きたがらない、

体温が36度にみたない。 などの特徴があります。

脂濃い料理は温かいときはおいしいのですが、少し温度が下がると、脂が固まっておいしくありません。その脂の固まりも、再び加熱すればきれいに溶けます。溶ける温度ですが、たとえば豚肉の脂肪分では37度です。我々の体温に近い温度です。

私たちの体においても同様です。体温が下がれば、体内の脂肪が固まりやすくなり、同時に燃焼力が弱くなるので、固まって体内に留まってしまいます。

脂肪細胞に蓄積されている体脂肪は、運動や食事制限によりエネルギー源として使われます。ウォーキングなど有酸素運動では血液中の脂肪が燃焼します。体温が0.5度~1度上昇すると体脂肪が燃焼されます。

また体温が上がると基礎代謝がアップするため、内臓脂肪も燃焼しやすくなります。

体が冷えていると 体は何かしらの問題を起こしやすくなります。

がんを始め、生活習慣病は 体の冷えが原因と言われます。

体型にまで 冷えが関係しているのです。

現代社会では 体を冷やすことが多くあります。

意識して、体を温めるようにしましょう。

その為には、運動 と 遠赤外線の活用です。

お風呂ももちろん良いのですが、遠赤外線には驚く程のパワーがあります。

遠赤外線は太陽光の一種で、目に見えない光です。

hinatabokko

日光浴をすることで、全身に遠赤外線を浴びることができます。

町中には遠赤外線サウナを設置しているお店もあります。

岩盤浴からも遠赤外線は放出されてます。

自宅で毎日入れる 遠赤外線ドーム型サウナ もあります。

遠赤サウマ スマーティ

1ヶ月単位で使える レンタルサービス もあります。

健康回復・健康維持・美容 美しい体型の為にも 遠赤外線を

毎日の生活習慣に取り入れましょう。