粘膜が36.5℃以下になると、ありとあらゆる病気になる

粘膜が36.5℃以下になると、ありとあらゆる病気になる

西原:恒温動物の体が冷えると自動的に白血球の中にばい菌がドカーンと入ってきます。自動的に入ってきたばい菌はほとんど無害です。病原菌じゃないですから。それでも腸が冷えると思わぬ病気になります。

田中:冷える、冷えると言いますが、36.5℃とか具体的な目安はないですか。

西原:体温以下の温度です。

田中:体温と言っても、人によって違いますし・・・・

西原:日本人がだいたい36,5℃でしょ。欧米人は37℃ですから、0,5℃の違いがある。

田中:以前、実験をみたことがあります。北大の先生が、粘膜が36.5℃より下がったらウイルスが入りやすくなると言って、厚木をさせるのですね。そして葛根湯とか与えるわけです。そうすると中に入ったウィルスが死ぬか、入りにくくなるのです。それが、体を冷やすなということですね。

西原:昔、冷蔵庫があまり発達しておらず、常温の水を飲んでいた頃は、夏バテがありました。でも、今は夏バテってあまり聞かないでしょう。なぜだと思いますか。

田中:いや、僕のところにはいっぱい来ますよ。

西原:でも熱中症とは言っても、夏バテとは言わないでしょ。11月12月にパーティや集会なんかに行ってごらんなさい。必ず冷たいビールを飲んでいますよ。1年中、冷たいものを飲んでいるから、1年中バテているのです。

田中:熱中症はまさしくあります。粘膜が36.5℃以下になったらいかんということですね。

西原:ありとあらゆる病気になります。

田中:そういうことを先に言わんといかんですよ、先生。

西原:大学の同窓生が集まったときなんかね、「いやあ、冷たいビールはやめられない。いくら飲んだって。病気になんかならないよ」とか言って、ガブガブ飲んでいました。でも、そんなことを言っていた奴が、あるとき気づくと解離性の大動脈瘤を起こして手術を受けています。

田中:ばい菌によって自分を殺すことはできるのですか。自殺しようと思うことなんか。

西原:冷たいものを飲んでも、すぐに死の事はないですよ。

田中:いや、私、死にかけたことがありますよ、漢方の柴胡剤を飲み過ぎて、体が冷えすぎてね。どんなになるかというと、脱汗状態になるんですね。四国に講演に行く予定だったんですが、風邪をひいていて何となく熱っぽかったもんで。

・・・・・・

 

+++  病気の8割は腸とミトコンドリアで治る!から +++

粘膜が36.5℃以下になると、ありとあらゆる病気になる

————–

体温を維持することは 大切ですね。

免疫細胞を造っていると言われている 腸内も冷えると活動が鈍るそです。そうなると、当然 免疫力が下がります。

加齢でも、血流が悪くなり 体温は下がります。すると 当然、免疫力も衰えます。

体の仕組みは上手くできていますね。

体の仕組みを知って、体温が下がらないようにすることが大切ですね。

そして、偶には体温を上げ 発汗することが大切です。

伊藤要子先生のマイルド加温方法

伊藤要子先生のマイルド加温方法

「加温生活」から抜粋
—————————
基本的には、体全体、すなわち、60兆個の細胞にHSPを増加させるため全身マイルド加温を実施します。
実験では、低温サウナのように頭を含めた全身を加温することもありますが、一般には、首から上の頭部だけ出して、遠赤外線加温装置で全身を20~40分加温します(アスリートの場合は仰向き、うつ伏せ核20分で40分)。加温装置のしたにも遠赤外線シートを敷いて、下からも40度Cで加温しています。
その後、バスタオルや毛布なので10~20分保温します。かなりの汗がでますので、保温終了後には水分(常温かぬるま湯)を補給します。
このとき、体温は舌下温で1~2℃上昇します。がん患者さんの場合はCTで腫瘍部位を確認し、腫瘍局所をさらに小型の局所加温装置で加温します。
・・・・
加温温度、加温時間は加温目的により、また、患者さんの病状に応じて(体調不良、高齢者には低めで長めなど)変えています。
————————– 以上  詳しく知りたい方は本を読んでください。

伊藤先生は 病院で医師としてされていますが、一般の方も 参考になると思います。

遠赤外線浴のもっとも簡単な方法は 日光浴です。

遠赤外線は太陽光の一種で、目に見えない光です。

hinatabokko

日光浴でも 体温が上がることは 経験的に皆さんご存知だと思います。

遠赤外線で加温すると、ヒートショックプロテインが増えるだけでなく、遠赤外線の中でも育成光線という波長は、生命の源といわれる”ミトコンドリア”を刺激し、細胞を活性化してくれます。そして発汗することで、有害物質の排泄にも繋がります。

町中には 遠赤外線サウナを設置しているお店もあります。

岩盤浴からも 遠赤外線は放出されてます。

遠赤外線を放出している温泉もたくさんあります。

 

健康回復・健康維持・美容のために 遠赤外線浴で体を温めることが大切です。

遠赤外線(スマーティ)全身温熱でガン細胞を消せ

「遠赤外線全身温熱(スマーティ)でガン細胞を消せ」小野寺慶斉著

遠赤外線(スマーティ)全身温熱でガン細胞を消せ

こんな タイトルの書籍がありました。

この本は 既に廃盤で新品は販売されていません。 amazonで調べてみると 中古品での販売がありましたが、 何とも 5915円 でした。

隠れた人気の本なのでしょうね。

内容を知りたい人の為に 少し 紹介させていただきます。

「遠赤外線全身療法の特筆すべきメリットとして 次の事が挙げられています。

・末期がん特有の激しい痛みをやわらげる

・延命効果がより高い

・ガン細胞が縮小または消失する

・患者さんの体への負担が軽く、安全である

・手技が容易で、頻回治療が可能である。

・1回目の治療直後から痛みが消えて、食欲がでる

と記載されています。

個人差は結構あると 考えるのが良いかと思いますが、ビックリする内容ですね。

参考文献

続・遠赤外線と医療革命 (イルカBOOKS)

遠赤外線(スマーティ)全身温熱でガン細胞を消せ

————————————————————

このような期待に対する結果には 個人差があります。

美容・健康器具に、遠赤外線を活用した全身温熱器具があります。治療用の器具とは違い、家庭で安心して使えるように出力を抑えてますが、遠赤外線による発汗などが 自宅で簡単にできるメリットがあります。

遠赤外線は太陽光線の一種です。

さらに、「遠赤外線は体によい作用をする」と言われておりますが、すべてが解明されているわけでもありません。

ですので実際に試されて 判断されてはどうでしょうか?

毎日 遠赤外線豊富な温泉に通えない方も多いと思います。自宅で遠赤外線浴を楽しめる健康器具を紹介します。

フジカ製 遠赤外線全身温熱器具(スマーティ)を試してみたい方に レンタルスマーティ があります。

インターネットで「スマーティ」の単語で検索していただきますと 色々な情報を得ることができます。