ヒートショックプロテインは万能

ヒートショックプロテインは万能

薬のようにすぐに目に見える顕著な効果としては表れにくいのですが、薬のような副作用がないので、安心して長期間(一生)併用できます。

生活習慣病など「薬を長期間常用することから新たな病気を作り出している」 という話も良く聴きますね。

あくまで薬は、対処療法 と考え、即効性は少なくても、安心できる方法をじっくり、長期間になっても続けることを オススメします。

HSP(ヒートショックプロテイン)の研究者は、実際に多くの動物実験で、ストレス潰瘍、腎不全、ショック、放射線障害などの防御効果を実証し、しているそうです。

根底にある理論は、HSPがストレスや病気の種類に関係なく、ストレスや病気で傷ついたタンパクを修復し、元の元気な細胞にする ということです。

また、タンパク障害がひどいときは分離したり、その細胞を死へと(アポートシス)導き、障害が残らないようにするそうです。

HSPのまとめ

1.原因となるストレスが何であろうと(熱であれ、低酸素であれ、放射線であれ)、そのストレスの種類に関係なく傷ついたタンパクを修復する。

2.傷ついたタンパクが、どんなタンパクでも(酵素、ホルモン、コラーゲンであれ)修復します。

3.修復不可能であれば、その細胞を死に導きます。

自然治癒力 とは ゆっくりなのですが、すばらしいパワーを持っています。

ですから、これらのことを熟知し、毎日の生活習慣に取り入れることが大切です。

加温する方法は いくつもあります。

運動、お風呂、遠赤外線浴 などです。

オススメは 遠赤外線浴 です。

遠赤外線はHSPとは違った 細胞の活性化を促すパワーを持っているからです。

遠赤外線とは太陽光線の一種で、目に見えない光です。

hinatabokko

日光浴をすれば 全身に遠赤外線を浴びることができます。

汗をかくことができれば、細胞内の有害物質の排泄にも繋がります。

街中には遠赤外線サウナを設置しているお店もあります。

岩盤浴からも 遠赤外線は放出されてます。

遠赤外線を放出している温泉は たくさんあります。

自宅で毎日入れる、遠赤外線ドーム型サウナ もあります。

遠赤サウマ スマーティ

一ヶ月単位で使える レンタルサービス もあります。

遠赤外線浴を毎日の生活習慣に取り入れ、細胞の活性化、体内毒素排泄、HSPによる体の修復 など 健康回復・健康維持・美容 に役立てましょう。

 

伊藤要子先生のマイルド加温方法

伊藤要子先生のマイルド加温方法

「加温生活」から抜粋
—————————
基本的には、体全体、すなわち、60兆個の細胞にHSPを増加させるため全身マイルド加温を実施します。
実験では、低温サウナのように頭を含めた全身を加温することもありますが、一般には、首から上の頭部だけ出して、遠赤外線加温装置で全身を20~40分加温します(アスリートの場合は仰向き、うつ伏せ核20分で40分)。加温装置のしたにも遠赤外線シートを敷いて、下からも40度Cで加温しています。
その後、バスタオルや毛布なので10~20分保温します。かなりの汗がでますので、保温終了後には水分(常温かぬるま湯)を補給します。
このとき、体温は舌下温で1~2℃上昇します。がん患者さんの場合はCTで腫瘍部位を確認し、腫瘍局所をさらに小型の局所加温装置で加温します。
・・・・
加温温度、加温時間は加温目的により、また、患者さんの病状に応じて(体調不良、高齢者には低めで長めなど)変えています。
————————– 以上  詳しく知りたい方は本を読んでください。

伊藤先生は 病院で医師としてされていますが、一般の方も 参考になると思います。

遠赤外線浴のもっとも簡単な方法は 日光浴です。

遠赤外線は太陽光の一種で、目に見えない光です。

hinatabokko

日光浴でも 体温が上がることは 経験的に皆さんご存知だと思います。

遠赤外線で加温すると、ヒートショックプロテインが増えるだけでなく、遠赤外線の中でも育成光線という波長は、生命の源といわれる”ミトコンドリア”を刺激し、細胞を活性化してくれます。そして発汗することで、有害物質の排泄にも繋がります。

町中には 遠赤外線サウナを設置しているお店もあります。

岩盤浴からも 遠赤外線は放出されてます。

遠赤外線を放出している温泉もたくさんあります。

 

健康回復・健康維持・美容のために 遠赤外線浴で体を温めることが大切です。

太った人(デブ)ほど体が冷えている

太った人(デブ)ほど体が冷えている

太った人のお腹を触るとわかりますが、ひんやりしています。

太った人に共通しているのは、手足の先に冷えを感じやすい、

動くと疲れがでるので動きたがらない、

体温が36度にみたない。 などの特徴があります。

脂濃い料理は温かいときはおいしいのですが、少し温度が下がると、脂が固まっておいしくありません。その脂の固まりも、再び加熱すればきれいに溶けます。溶ける温度ですが、たとえば豚肉の脂肪分では37度です。我々の体温に近い温度です。

私たちの体においても同様です。体温が下がれば、体内の脂肪が固まりやすくなり、同時に燃焼力が弱くなるので、固まって体内に留まってしまいます。

脂肪細胞に蓄積されている体脂肪は、運動や食事制限によりエネルギー源として使われます。ウォーキングなど有酸素運動では血液中の脂肪が燃焼します。体温が0.5度~1度上昇すると体脂肪が燃焼されます。

また体温が上がると基礎代謝がアップするため、内臓脂肪も燃焼しやすくなります。

体が冷えていると 体は何かしらの問題を起こしやすくなります。

がんを始め、生活習慣病は 体の冷えが原因と言われます。

体型にまで 冷えが関係しているのです。

現代社会では 体を冷やすことが多くあります。

意識して、体を温めるようにしましょう。

その為には、運動 と 遠赤外線の活用です。

お風呂ももちろん良いのですが、遠赤外線には驚く程のパワーがあります。

遠赤外線は太陽光の一種で、目に見えない光です。

hinatabokko

日光浴をすることで、全身に遠赤外線を浴びることができます。

町中には遠赤外線サウナを設置しているお店もあります。

岩盤浴からも遠赤外線は放出されてます。

自宅で毎日入れる 遠赤外線ドーム型サウナ もあります。

遠赤サウマ スマーティ

1ヶ月単位で使える レンタルサービス もあります。

健康回復・健康維持・美容 美しい体型の為にも 遠赤外線を

毎日の生活習慣に取り入れましょう。