加温すると 免疫力が高まる

加温すると 免疫力が高まる

白血球、特にリンパ球が増加して免疫力が高まります。

また 増加したHSP(ヒートショックプロテイン)にもNK活性を増加するなど同じように免疫力を高める作用があります。

また HSPには がん治療に役だつ樹状細胞を増加させたり、がんワクチン作用を増強する免疫効果もあるそうです。

免疫力が高まると、がんや細菌を殺す力が強くなり、感染しにくくなります、また、免疫力が高まるということは、病気を治すシステムを活性化させるということです。

ですから 体を温めることは、病気の予防に効果的です。

たとえば、「マクロファージ」という免疫機能の中心的役割の細胞があります。

この「マクロファージ」は36.5℃の普通の体温のときはあまり食欲がないのですが、38℃、39℃と温度が高くなると、急激に食欲が増進します。

細菌やウイルスに感染すると発熱し、マクロファージは活性化され、侵入してきた細菌やウィルスを攻撃し食べてしまう能力が高くなります。

HSPが増えると、がんや病原菌を見つけ出して殺傷する「NK細胞」の活性を高め、また、「ここにこんな侵入物(病原菌やウィルス)があるよ!」と免疫系の細胞に教える(樹状細胞)も増大します。

医学の父といわれるヒポクラテスは「薬で治らなければ手術で治すことができる、手術で治らなければ熱によって治すことができる。もし、熱によって治すことができなければ不治の病だろう」と言ってますが、ヒポクラテスの時代から 熱が体に及ぼす偉大な力は わかっていたのですね。

体に熱を加える方法は いくつもありますが、オススメは 遠赤外線浴 です。

遠赤外線は、体の内部に浸透し、生命の源 といわれる”ミトコンドリア”を刺激し 細胞の新陳代謝を高めてくれます。

すると、発汗とともに、有害物質や老廃物を排泄までしてくれます。

遠赤外線とは太陽光線の一種で、目に見えない光です。

日光浴をすれば、全身の遠赤外線浴ができます。

hinatabokko

まさしく「天の恵み」です。

活用してください。

町中には 遠赤外線サウナを設置しているお店もあります。

岩盤浴からも 遠赤外線は放出されてます。

遠赤外線を放出している温泉も たくさんあります。

自宅で毎日入れる 遠赤外線ドーム型サウナもあります。

遠赤サウマ スマーティ

一ヶ月単位で使える レンタルサービス もあります。

健康回復・健康維持・美容 のために 遠赤外線浴 を 毎日の生活習慣に取り入れましょう。