ヒートショックプロテインは万能

ヒートショックプロテインは万能

薬のようにすぐに目に見える顕著な効果としては表れにくいのですが、薬のような副作用がないので、安心して長期間(一生)併用できます。

生活習慣病など「薬を長期間常用することから新たな病気を作り出している」 という話も良く聴きますね。

あくまで薬は、対処療法 と考え、即効性は少なくても、安心できる方法をじっくり、長期間になっても続けることを オススメします。

HSP(ヒートショックプロテイン)の研究者は、実際に多くの動物実験で、ストレス潰瘍、腎不全、ショック、放射線障害などの防御効果を実証し、しているそうです。

根底にある理論は、HSPがストレスや病気の種類に関係なく、ストレスや病気で傷ついたタンパクを修復し、元の元気な細胞にする ということです。

また、タンパク障害がひどいときは分離したり、その細胞を死へと(アポートシス)導き、障害が残らないようにするそうです。

HSPのまとめ

1.原因となるストレスが何であろうと(熱であれ、低酸素であれ、放射線であれ)、そのストレスの種類に関係なく傷ついたタンパクを修復する。

2.傷ついたタンパクが、どんなタンパクでも(酵素、ホルモン、コラーゲンであれ)修復します。

3.修復不可能であれば、その細胞を死に導きます。

自然治癒力 とは ゆっくりなのですが、すばらしいパワーを持っています。

ですから、これらのことを熟知し、毎日の生活習慣に取り入れることが大切です。

加温する方法は いくつもあります。

運動、お風呂、遠赤外線浴 などです。

オススメは 遠赤外線浴 です。

遠赤外線はHSPとは違った 細胞の活性化を促すパワーを持っているからです。

遠赤外線とは太陽光線の一種で、目に見えない光です。

hinatabokko

日光浴をすれば 全身に遠赤外線を浴びることができます。

汗をかくことができれば、細胞内の有害物質の排泄にも繋がります。

街中には遠赤外線サウナを設置しているお店もあります。

岩盤浴からも 遠赤外線は放出されてます。

遠赤外線を放出している温泉は たくさんあります。

自宅で毎日入れる、遠赤外線ドーム型サウナ もあります。

遠赤サウマ スマーティ

一ヶ月単位で使える レンタルサービス もあります。

遠赤外線浴を毎日の生活習慣に取り入れ、細胞の活性化、体内毒素排泄、HSPによる体の修復 など 健康回復・健康維持・美容 に役立てましょう。

 

加温すると 免疫力が高まる

加温すると 免疫力が高まる

白血球、特にリンパ球が増加して免疫力が高まります。

また 増加したHSP(ヒートショックプロテイン)にもNK活性を増加するなど同じように免疫力を高める作用があります。

また HSPには がん治療に役だつ樹状細胞を増加させたり、がんワクチン作用を増強する免疫効果もあるそうです。

免疫力が高まると、がんや細菌を殺す力が強くなり、感染しにくくなります、また、免疫力が高まるということは、病気を治すシステムを活性化させるということです。

ですから 体を温めることは、病気の予防に効果的です。

たとえば、「マクロファージ」という免疫機能の中心的役割の細胞があります。

この「マクロファージ」は36.5℃の普通の体温のときはあまり食欲がないのですが、38℃、39℃と温度が高くなると、急激に食欲が増進します。

細菌やウイルスに感染すると発熱し、マクロファージは活性化され、侵入してきた細菌やウィルスを攻撃し食べてしまう能力が高くなります。

HSPが増えると、がんや病原菌を見つけ出して殺傷する「NK細胞」の活性を高め、また、「ここにこんな侵入物(病原菌やウィルス)があるよ!」と免疫系の細胞に教える(樹状細胞)も増大します。

医学の父といわれるヒポクラテスは「薬で治らなければ手術で治すことができる、手術で治らなければ熱によって治すことができる。もし、熱によって治すことができなければ不治の病だろう」と言ってますが、ヒポクラテスの時代から 熱が体に及ぼす偉大な力は わかっていたのですね。

体に熱を加える方法は いくつもありますが、オススメは 遠赤外線浴 です。

遠赤外線は、体の内部に浸透し、生命の源 といわれる”ミトコンドリア”を刺激し 細胞の新陳代謝を高めてくれます。

すると、発汗とともに、有害物質や老廃物を排泄までしてくれます。

遠赤外線とは太陽光線の一種で、目に見えない光です。

日光浴をすれば、全身の遠赤外線浴ができます。

hinatabokko

まさしく「天の恵み」です。

活用してください。

町中には 遠赤外線サウナを設置しているお店もあります。

岩盤浴からも 遠赤外線は放出されてます。

遠赤外線を放出している温泉も たくさんあります。

自宅で毎日入れる 遠赤外線ドーム型サウナもあります。

遠赤サウマ スマーティ

一ヶ月単位で使える レンタルサービス もあります。

健康回復・健康維持・美容 のために 遠赤外線浴 を 毎日の生活習慣に取り入れましょう。

 

 

ヒートショックプロテインは何度で増える?

ヒートショックプロテインは何度で増える?

体を加温すれば、健康の万能薬であるHSPは誰でも簡単に増やすことができる。

HSPは細胞が「熱い」と感じたときに増えるので、ある程度の温度差(約3~5℃)のストレスが良いそうです。

健康な成人の測定結果では、体温が38℃になるとHSPはおよそ1.2~1.5倍に増え、38.5℃で1.8~2倍に増えたという報告があります。

加温時間や保温時間、季節、外気温度で変化するそうです。

また、高齢者、疾患のある方は必ずしも当てはまらないとのことです。

ですから、平熱37度の人は40~42度にするのが良いようですが、

38℃、38.5℃でもHSPは増えているのですから、とにかく温めた保温状態を維持することが大切ですね。

これは、お風呂、サウナ、日光浴でも簡単にでることですから 実践してください。

温める方法としては、お風呂も良いのですが、オススメは遠赤外線浴で温めることです。

遠赤外線(育成光線)は、細胞の新陳代謝もよくし、細胞内に溜まってしまった有害物質を汗とともに排泄してくれることも期待できるからです。

遠赤外線は太陽光線の一種で、目に見えない光です。

nikoyoku-1

日光浴をすることで 遠赤外線を全身に浴びることができます。

街中には、遠赤外線サウナを設置しているお店もあります。

岩盤浴からも遠赤外線が放出されてます。

自宅で毎日入れる 遠赤外線ドーム型サウナ もあります。

遠赤サウマ スマーティ一ヶ月単位で使える レンタルサービス もあります。

健康回復・健康維持・美容 のために、毎日の生活習慣に中に 遠赤外線浴 を取り入れましょう。