予防医学 と HSP

予防医学 と HSP

病気になりにくい心身を作ることを予防医学と言ってます。

( 病気になって治すのは、 治療医学 と言います。)

体を温めてできる HSP(ヒートショックプロテイン)は体の修復に寄与しています。

副作用もありませんから、病気になる前、病気になってから、再発防止 のどの段階でも 活用し 元気な生活に役立てて欲しい 方法です。

健康食品 や サプリメント も 買う段階では 迷うほど多くの種類が販売されています。

しかし、私たちは、さまざまなストレスや病気から守ってくれるHSPを持っているのです。

これを増加させることにより プラスになることは確かです。

体温を38度以上にすることで、誰でも増やすことのできるHSP

多くの研究者の方がメカニズムを研究されていることも事実で、これが医療分野でも 活かされていることも事実です。

増やす方法は、誰にでもできる方法です。

病気になってからでも、治療と平行して、実行すれば、それで回復が早くなることも期待できます。

詳しく知りたい方は「加温生活」を読んでください。

体を温める方法は いくつもあります。

たとえば、運動、お風呂、遠赤外線浴 です。

オススメしたいのが 遠赤外線浴 です。

それは、遠赤外線浴 でかく汗からは 体内毒素も排泄しているからです。

遠赤外線は太陽光線の一種で、目に見えない光線です。

nikoyoku-1

日光浴をすることで、全身に遠赤外線を浴びることができます。

日差しの強い季節になりますと、汗をかくこともできますね。

町中には 遠赤外線サウナ を設置しているお店もあります。

岩盤浴からも遠赤外線は放出されてます。

自宅で毎日入れる 遠赤外線ドーム型サウナ もあります。

遠赤サウマ スマーティ

一ヶ月単位で使える レンタルサービス もあります。

健康生活に 病気になる前、病気になってから、再発防止に

遠赤外線を活用しましょう。

毎日の生活習慣にすることで、美容・健康が大きく変わることでしょう!

 

 

年をとると減少するヒートショックプロテイン

年をとると減少するヒートショックプロテイン

誰でも年をとりますが、年をとれば、唾液をはじめ、消化酵素も減少し、ヒートショックプロテインも減少しますが、病気ではありません、細胞の老化です。

日本には世界から見ると目ずらし、お風呂(湯船につかる習慣)があります。

それも、40℃~42℃という、日本の気候風土にあった入浴温度がHSPを増加させ、結果として長寿の方が多くなったのではないでしょうか?

多くの企業の定年は 65歳くらいではないでしょうか?

平均寿命までの年数を考えると、女性で20年、男性では15年あります。

生まれてから成人式までくらいの年数を楽しめるわけです。

ところが、ストレスから守ってくれるHSPは、この65歳から減少し始めるのです。

会社を辞めると ストレスが減るから良いじゃないか?

それは、違います!

自分の健康を自分で守って、楽しい第二の人生、人によっては、第三、第四かもしれませんが、細胞が老化していることは事実ですので、健康生活に気を使って、人生を楽しむべきだと思います。

そこで、まず第一に オススメ が ヒートショックプロテインを増やすことです。

方法は簡単です。薬など副作用の不安のあるものは使いません。

運動、お風呂、遠赤外線浴 で体を温めるだけです。

目安として、体温を38℃以上にあげた時間を 10分以上継続することを オススメします。

38℃くらいの体温の目安としては、汗が出てくるのが実感できる状態です。

オススメの加温方法は 遠赤外線浴 です。

遠赤外線は太陽光線の一種で 目に見えない光です。

nikoyoku-1

日光浴をすれば、全身に遠赤外線を浴びることができます。

遠赤外線は服を着ていても問題ありません。できれば 日光浴とともに、発汗までしたいですね。体内毒素排泄にも繋がります。

町中には、遠赤外線サウナ を設置しているお店もあります。

岩盤浴からも遠赤外線が放出されてます。

自宅で毎日入れる 遠赤外線ドーム型サウナ もあります。

遠赤サウマ スマーティ

一ヶ月単位で使える レンタルサービス もあります。

定年後の青春を謳歌するためにも 遠赤外線浴 を毎日の生活習慣に取り入れましょう!

 

ヒートショックプロテインの評価

ヒートショックプロテインの評価

薬のように特定の病気・傷害に効果があり、即効性のあるものではありません。

さまざまな病気や傷害がすこしずつではありますが、良くなっていくものです。

生活習慣病など、原因がわからずに症状の問題点を薬で、一時的に抑える方法も、必要な場合はありますが、長期間を考えると、すこしずつであっても、害がないのですから、良くなる方法を実践することが大切だと思います。

医療の世界では「この特定の病気に効く」という特異性が高い薬ほど評価が高いようです。

加温の体験者は、総合的に体調が良くなった、楽になって来たと感じる人が多いようです。

病気になってしまうと、治療側も患者側もすぐ結果を求めてしまう傾向が強く感じられます。

病気にならない為に、加温を大切にし、病気になってしまった方は、加温を気長に実践してもらいたいものです。

加温の方法は、いくつもあります。

運動、お風呂、遠赤外線浴 などです。

オススメは遠赤外線浴 です。

遠赤外線は、生命の源といわれる ミトコンドリアを刺激し細胞を活性化するパワーを持っています。

現代食には 合理的な流通システムに 合致するために、防腐剤、着色料、香料 など さまざまの化学物質が微量ですが入ってます。

これらが 体に悪いことは皆さんご存知と思います。

これらの有害物質が体内に入り、一部が蓄積してしまうのです。

現代人の健康には、蓄積された有害物質の排泄も大切な問題です。

遠赤外線でゆっくり加温して出てくる汗には この有害物質が含まれている(排泄されている)データーがいくつもあります。

この点から 遠赤外線による加温・発汗を オススメします。

遠赤外線とは太陽光の一種で、目に見えない光です。

hinatabokko

日光浴をすることで 全身に遠赤外線を浴びることができます。

日差しの強い季節ですと、十分な発汗もできますね。

( 遠赤外線は服も通過しますので 服を着ていて大丈夫です)

街中には、遠赤外線サウナ を設置しているお店もあります。

岩盤浴からも 遠赤外線が放出されてます。

遠赤外線を放出している温泉はたくさん あります。

自宅で毎日入れる 遠赤外線ドーム型サウナ もあります。

遠赤サウマ スマーティ

一ヶ月単位で使える レンタルサービス もあります。

遠赤外線浴 で 体を温め、HSP効果 毒素排泄効果 など 健康回復・健康維持・美容 の為に、毎日の生活習慣に 遠赤外線浴を取り入れましょう。