ミトコンドリアを活性化する 遠赤外線

ミトコンドリアを活性化する 遠赤外線

ミトコンドリアは生命の源です。細胞内にあり、細胞の発電所と言われ、熱を産生し、細胞の新地代謝を促します。

ミトコンドリアの機能が低下すると、細胞が汚れ、細胞が汚れるとミトコンドリアの機能が低下します。

悪循環になるわけです。

ミトコンドリアの機能が低下していると、低体温など循環障害に陥りやすくなります。

また、細胞が代謝の悪い上体が続くと、病気になる可能性が高くなります。

SAIBO-1

人間は遠赤外線を発してます。これはミトコンドリアが発しているもので、波長は6-14ミクロンと言われます。

この波長が遠赤外線の波長であり、人間が発している遠赤外線の波長6-14ミクロンを特に育成光線と言います。

育成光線を人間に照射すると、ミトコンドリアが発している波長と同じですので、ミトコンドリアは共振し活性化し、熱を産生し、細胞も活性化します。

病気の細胞は代謝が悪く汚れてますが、育成光線(遠赤外線)が照射されると、細胞が活性化しキレイになって行きますので、それに伴って病気も快方に向かうとされてます。

遠赤外線を上手に活用することで、美容・健康に役立ちます。

遠赤外線は太陽光線の一種です。太陽光線の浴びることも、美容・健康に為に大切なことなのです。

hinatabokko

日常生活の中に、遠赤外線を取り入れましょう。

街中には、遠赤外線サウナを設置しているお店もあります。

岩盤浴も遠赤外線を放射しています。

生活の習慣として 遠赤外線を身近にものにすることです。

岩盤浴などに行っている時間がない と言われる方には

自宅で入浴できる 遠赤外線ドーム型サウナ があります。

遠赤サウマ スマーティ

1ヶ月単位で使える レンタルサービス もあり、気軽に始めやすいですね。

健康回復・健康維持のために 遠赤外線を毎日の生活の中に取り入れましょう。