テストステロンが増えてくることで期待できる効果

テストステロンが増えてくることで期待できる効果

男性ホルモンの代表格なのが、テストステロンです。

このホルモンは 主に、精巣 で造られます。

 

テストステロンが増えると 次のようなことが期待できます。

——————————————————

筋肉が増強し運動機能が高まる。

骨の形成を促進し、骨粗鬆症を防止する。

脂質への作用により、体脂肪は減少する。

メタボリックシンドロームや心臓血管疾患のリスクが低下する。

認知力や意欲が高まる。

性欲が出てきて、勃起や射精が回復する。

——————————————————

この様なことの内 ひとつ や ふたつは 望んでいることがあるのではないですか ?

テストステロンが増えてくることで期待できる効果

テストステロンは 40歳代から 急激に減ります。

あなたが 更年期の年齢で、テストステロンが増えたときに期待できることの中に、望むことがあれば、

男性ホルモン(テストステロン)を増やすことを 考えてください。

 

 

テストステロン減少 と 認知症

テストステロン減少 と 認知症

男性ホルモンが減少すると 最初に気付くことは

男性機能低下 からくる 自信喪失感 ですね。

自信を無くすと 遠のく(◎◎◎の回数が減る)のが 現状ではないでしょうか?

そこで 男性ホルモンを増強するとされている マカ や トンカットアリ の愛用を始める方も少なくありませんが、

対策をせずに、そのまま という方も多いようです。

ところが、男の健康は、男性ホルモンに守られていることが多いのです。
テストステロン減少 と 認知症
テストステロン減少 と 認知症

男性機能低下はひとつのわかり易い症状と 理解していただくことが良いようです。

中高年男性の健康の為には 男性ホルモンを増強して欲しいものです。

例えば、

テストステロン(男性ホルモンの代表格)は記憶力には深い関係があるといわれています。

高齢男性のうつ傾向や認知症は、テストステロン値が低い人ほど進行が早いそうです。

男性ホルモンを増やす食べ物を食べることも大切です。

 

———————–

テストステロン
50歳を過ぎるころからは、男性の健康維持のため、男性ホルモン(テストステロン等)の増量を考えましょう。

テストステロンは筋力を増やす、血流を良くする、精力など 幅広く男性の健康に影響しています。

中高年の男性の健康には血流への影響が大きいようです。

「朝立ち」が減るのは動脈硬化など血流の問題が生じている可能性があります。

男性ホルモン減少の影響を精力だけの問題と考えるのは間違いです。

 

男性ホルモン( テストステロン ) も  ホルモンのリセプターの働きがものをいう 

男性ホルモン( テストステロン ) も  ホルモンのリセプターの働きがものをいう。

睾丸や卵巣、副腎で生成された性ホルモンは、血液た体液を通じて体内を循環し、目的の細胞へ進みます。

目標に到達すると細胞の核に入り込み、代謝を活発化して増殖させているのです。

そのとき、ホルモンをしっかりとキャッチするリセプター(受容体)がなければ、いくら大量のホルモンが分泌されても役にはたちません。

一般的に、テストストロンのリセプターが数多く存在し、その感度も高いとされているのは、男性であれば、ペニスを筆頭に、恥丘、脇の下、声帯、髪が生える口の周辺、体毛が生える胸や脛、腕など毛根部、さらには、女性のクリトリスや大陰唇、小陰唇も、感度の高いリセプターが数多くあるそうです。

こうしたリセプターの感度も ホルモン量と同様に重要であることが判明されているそうです。

参考図書     男はなぜ女より短命か 熊本悦明 著

———————–

テストステロン
50歳を過ぎるころからは、男性の健康維持のため、男性ホルモン(テストステロン等)の増量を考えましょう。

テストステロンは筋力を増やす、血流を良くする、精力など 幅広く男性の健康に影響しています。

中高年の男性の健康には血流への影響が大きいようです。

「朝立ち」が減るのは動脈硬化など血流の問題が生じている可能性があります。

男性ホルモン減少の影響を精力だけの問題と考えるのは間違いです。

テストステロン減少の影響

テストステロンを増やす食べ物