うす毛 男性用 

うす毛 男性用

予防・対策 サプリ
「テストステロン値が高い人は成功者になる傾向が強い」「支持されリーダーになる可能性が多い」といった大変興味深い研究結果があります。

このテストステロンですが、異性を惹きつける「フェロモン」の発生にも深く関与しており、すぐにでも欲しい「ホルモン」ですよね。

うす毛 男性用

でも、ちょっと気になることがあります。昔から男性ホルモンが過剰になるとハゲたり前立腺ガンになるって聞いたことありませんか?

    実は 間違い なんです !

男性ホルモンにもいろいろな種類があるのです。多く分泌されて困るのは、悪玉男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)です。

■抜け毛の原因!⇒ 悪玉男性ホルモン

抜け毛・薄毛の原因としては、不規則な生活、食生活の乱れ、間違ったシャンプーの仕方など、さまざまな事柄が考えられてきました。

しかし、最近の研究で、原因の9割がこの悪玉男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」にあるということがわかってきました。

ジヒドロテストステロン(DHT)は、テストステロンが不足すると逆に増えてくる厄介ものです。

そして、頭髪の工場とも言える「毛母細胞」と、皮脂を分泌して皮膚や毛髪の保護・保湿をする「皮脂腺」に悪影響を与え、髪の生成を妨げます。
そして、驚いたことに、この悪玉男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)は、頭髪には薄くするよう働きかけ、逆に、ひげや体毛には濃くするように働きかけるといわれています。

また、ジヒドロテストステロン(DHT)が過剰になることにより、前立腺癌の原因となる前立腺肥大を引き起こすともいわれています。
■テストステロンは、毛根を強くし、抜け毛を防ぐ

というわけで、抜け毛・薄毛を引き起こす男性ホルモンは、悪玉男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)であり、テストステロンではありません。

テストステロンは、むしろ毛根を強くし、抜け毛を防ぐ働きをするといわれています。

一般的に男性の髪の毛が女性よりも太いのは、テストステロンの分泌量が多いからといわれています。

 

テストステロン値を上げてくれる成分に「トンカットアリ」があります。

うす毛


弊社 Natural wood が 造っている サプリメント です。
ヤフオク に 出品しています。 安くて すいません !

ヤフオク に 参加くださ。

男性ホルモンが増えると薄毛や脱毛症になるのでは?

男性ホルモンが増えると薄毛や脱毛症になるのでは?

テストステロンは薄毛の遠因にはなるようですが、テストステロン自体が薄毛の原因ではないようです。

薄毛

同じ男性ホルモンのアンドロゲン(参考:Wikipedia)が男性型脱毛症や体毛増加の原因みたいです。

テストステロンについてはあまり心配しなくても良さそうです。良かったですね !

———————–

テストステロン
50歳を過ぎるころからは、男性の健康維持のため、男性ホルモン(テストステロン等)の増量を考えましょう。

テストステロンは筋力を増やす、血流を良くする、精力など 幅広く男性の健康に影響しています。

中高年の男性の健康には血流への影響が大きいようです。

「朝立ち」が減るのは動脈硬化など血流の問題が生じている可能性があります。

男性ホルモン減少の影響を精力だけの問題と考えるのは間違いです。

テストステロン減少の影響

テストステロンを増やす食べ物