血流を良くする食べ物を厳選!血の巡りに効果抜群の食材15選

テストステロン と 睡眠 の関係

テストステロン と 睡眠 の関係

睡眠時間が減ると テストステロン (男性ホルモン)が減るそうです。 ワシントン大学医療センターの泌尿器科教授によると、 テストステロンの生成不足は、睡眠時間が足りないことが最も重要な原因である、と述べています。 ある研究では、1週間の間、睡眠時間を5時間にしたところ、 テストステロンの生成量が10~15%低下した、と報告されています。 テストステロン と 睡眠 の関係 テストステロン と 睡眠 驚きでは ないですか ? 男性の健康に 大きな影響力を持っている テストステロン です。 健康な生活には 適度な睡眠、そして 食事内容 適度の運動 ( 筋力が増えることでも テストステロンは増える と言われます。) が大切なのです。        

50台 朝立ち

50台 朝立ち

「 朝立ち 」 若い時は 厄介に思ったことも何度もありましたが、今は、嬉しい気がします。 若い時は、朝立ちがバレるのを嫌い布団から出るタイミングを遅らせたこともあります。 元気が減り、朝立ちが減るのでしょうか? 朝立ちが減る現象は、全身の血流が悪化している 現れでもあるのです。 全身の血流が悪化しているとすると、何故 「 あそこ 」だけに影響がでるの? 「 あそこ 」の血管は非常に細く、多く詰まっているからなのです。 血流が悪化すると、細い血管から影響がでます。 他の部位で考えると、目の網膜 などもそうです。 目に疲れ や 衰え を感じるのも 血流が悪化しているせいで、酸素やや栄養素が充分に補給できていない状態が続いているから とも考えられます。 血流改善には、運動や、男性の場合は、男性ホルモン増強が大切なのです。 ホルモン注射は 対処としては早く効果がでますが、ホルモンを注入すると、自分でホルモンを作る能力が減る可能性があるので、長期的にはオススメできなきです。 対策は 食物 や サプリメント での対策です。