テストステロン と 体重 の関係

テストステロン と 体重 の関係

体重コントロールで テストステロン が増える ?

太りすぎの人は、テストステロンが少なくなるそうですよ!

2012年アメリカ内分泌学会の研究によると、減量によってテストステロン量が増えることが発表されています。

また、BMIとテストステロンは相関関係にあることが分かっています。

テストステロン と 体重 の関係
テストステロン と 体重 の関係

太りがちな人のテストステロン生成量が少ない理由は、

脂肪細胞に含まれるアロマターゼという酵素が、

男性ホルモンのテストステロンを女性ホルモンのエストラジオールに

変換してしまうからだそうです。

体は色々な機能が複雑に絡み合っています。

とは言え、男性ホルモンは、男性の健康維持に大きな影響を与えているのです。

ですから、できることを、やることが大切です。

食べる物(サプリメントも有効)、運動、体重コントロール、など すべて対応するのがよいのは明らかですが、

できることから 始めましょう!

筋力トレーニングや短時間の激しい運動はテストステロンを増やす効果がある とされています。

また、

ワシントン大学医療センターの泌尿器科教授によると、 テストステロンの生成不足は、睡眠時間が足りないことが最も重要な原因である、と述べています。

ある研究では、1週間の間、睡眠時間を5時間にしたところ、 テストステロンの生成量が10~15%低下した、と報告されています。

逆に、ストレス、アルコール、タバコ は テストステロンの量を減らすとされています。

 

 

 

中年太り 男性

中年太り 男性

この写真は 重症ですね・・・

中年太り 男性

中年太りは 基礎代謝力が落ちたことが原因だと 思い込んでいませんか?

間違いでは ありません。

しかし、それだけでは ない可能性が多いのです。

男性の場合は、男性ホルモン、とりわけ、テストステロンの減少 が影響している可能性が高いのです。

男性ホルモン(テストステロン)の減少は、中年太りだけではなく、

動脈硬化など生活習慣病にはじまり、

仕事などの意欲や活力などの精神面にまで及び、

中高年男性のうつ病の原因になっているという指摘もあります。

中高年男性の方 は これらの知識を持ってほしいですね。

話が変わりますが、

朝立ちの回数が減ってませんか?

私の経験ですが、朝立ちがなくなる前から気になることがありました。

中年太りです。

中年太り 男性

朝立ちがなくなる数年前から肥満になりかかっていたのです。

そこで 男性ホルモン増強を計ったのです。

マカのサプリメントを愛用しました。

朝立ちが復活し、男性ホルモン(テストステロン)が回復するに

従い自然と体重が減少しはじめました。

ED(勃起不全)は、動脈硬化や動脈硬化が引き起こす心筋梗塞や

脳梗塞など生命に関わる重篤な病気のサインとしての認識が増えてきております。

中高年男性の健康を守っているのは 男性ホルモン(テストステロン)の影響が大きいと考えられています。

中年太り を 安易に考えずに、男性の方なら、男性ホルモン増強を考えてください。

夜の生活だけではなく、仕事のやる気を始め、スタイル や 血流関連の重篤な病気から体を守ることにも 男性ホルモンは影響を及ぼしているようです。

男性ホルモン(テストステロン)の多い人は、女性から憧れられる といわれますが、 これは 本当なのかもしれないですね。

 

 

テストストロン値が下がると内臓脂肪肥満が起きる?( 男性更年期サプリ )

メタボリック症候群に関連して危険視されているのは内臓脂肪です。

テストストロン値が下がると内臓脂肪肥満が起きる

内臓脂肪は腹腔内にある肝臓や腸といった内臓の周辺についた脂肪のことで、血管内に入り込みやすいため、生活習慣病の因子になりやすいという危険な存在です。

これは、男性に蓄積されやすく、また加齢とともに蓄積されやすいという特徴があります。

若い男性は、テストストロンが十分に分泌され、過剰に摂取した栄養分を筋肉活動のエネルギー源として使用するため、通常は内臓脂肪肥満がおきることはありません。

こんなところにも、テストストロン 男性ホルモンが影響しているのですね。

参考図書     男はなぜ女より短命か 熊本悦明 著

———————–

テストステロン
50歳を過ぎるころからは、男性の健康維持のため、男性ホルモン(テストステロン等)の増量を考えましょう。

テストステロンは筋力を増やす、血流を良くする、精力など 幅広く男性の健康に影響しています。

中高年の男性の健康には血流への影響が大きいようです。

「朝立ち」が減るのは動脈硬化など血流の問題が生じている可能性があります。

男性ホルモン減少の影響を精力だけの問題と考えるのは間違いです。

テストステロン減少の影響

テストステロンを増やす食べ物