やる気がでない 中年男

やる気がでない 中年男

こんな気持ちで 悩みを感じたら、まず 男性更年期障害を疑ってください。

男性も 厄年を越してくると、男性ホルモンが減少します。

この影響の可能性が 高いのです。

仕事や家庭のストレスも多いと思いますが、

ある程度のストレスは、今まで何とか粉してきている・・・

しかし、最近は 「 やる気が出ない 」

そう感じている人は 案外多いのではないでしょうか?

男性ホルモンが減少してきても、大きな病気ではないことも事実です。

でも、同じ時間を生きるなら、前向きに活きたいですね。

そこで、疑うべきは 男性ホルモン減少 です。

精神科にいくことはないです。

男性ホルモンを増強するのは、 ニンニク や たまねぎ も良いですが、簡単に毎日摂取できるのは、男性用サプリメント です。

ご検討ください。

睡眠障害 と うつ症状 ( 男性更年期障害 )

睡眠障害は、テストストロン低下と関係の深いうつ症状や認知症発生前によく見受けられる初期症状のひとつです。

若いときでも、強いストレスを受けると寝つきが悪くなり、夜中に目覚めたりしますから、すべてをテストストロン低下で説明することはできませんが、テストストロンのレベルと関係があることは間違いありません。

うつ

更年期うつの方には「なかなか眠れない」「夜、たびたび目が覚める」「睡眠不足のため、いつも身体がだるく、頭がボーッとしている」という方が多いのです。

デパートの寝具売り場や通販でも、数多くの安眠グッズが用意されていることからも 睡眠に問題を感じている方の多さがわかります。

睡眠障害はテストストロン低下症候群の一つであり、その症状が続くとますますテストストロンが減少していくという悪循環が始まります。

睡眠障害を感じている方も まずは、男性ホルモン(テストストロン)を 増やすことを 考えることです。

参考図書     男はなぜ女より短命か 熊本悦明 著

———————–

テストステロン
50歳を過ぎるころからは、男性の健康維持のため、男性ホルモン(テストステロン等)の増量を考えましょう。

テストステロンは筋力を増やす、血流を良くする、精力など 幅広く男性の健康に影響しています。

中高年の男性の健康には血流への影響が大きいようです。

「朝立ち」が減るのは動脈硬化など血流の問題が生じている可能性があります。

男性ホルモン減少の影響を精力だけの問題と考えるのは間違いです。

テストステロン減少の影響

テストステロンを増やす食べ物

更年期うつ 男性ホルモン が減ることが多くの原因です

更年期うつ 男性ホルモン が減ることが多くの原因です

更年期障害って男性にもあるのです。

男性の場合、性的機能低下が一般的に知られています。

自分でも、感じている方は少なくありません。

俺も年だな・・・・ 程度の認識が一般的です。

これは 男性ホルモン、特に代表格のテストステロンの低下が原因です。

更年期うつ 男性ホルモン が減ることが多くの原因です
更年期うつ 男性ホルモン

ところが、男性の健康は、男性ホルモンでバランスが取られている一面があります。

ですので、性的機能低下、いわゆる「ED」の症状とは、男性が最初に自覚できる成人病の症状 と理解しても良いくらいなのです。

例えば、男性の更年期「鬱」も男性ホルモン「テストステロンの減少」が原因の場合が多くあるそうです。

性的機能は年だからで 済ませても良いのかもしれませんが、成人病はそうもいきません。

———————–

テストステロン
50歳を過ぎるころからは、男性の健康維持のため、男性ホルモン(テストステロン等)の増量を考えましょう。

テストステロンは筋力を増やす、血流を良くする、精力など 幅広く男性の健康に影響しています。

中高年の男性の健康には血流への影響が大きいようです。

「朝立ち」が減るのは動脈硬化など血流の問題が生じている可能性があります。

男性ホルモン減少の影響を精力だけの問題と考えるのは間違いです。

テストステロン減少の影響

テストステロンを増やす食べ物