男性ホルモンを増やす タマネギの食べ方

男性ホルモンを増やす タマネギの食べ方

男性ホルモンを増やす タマネギの食べ方

男性ホルモンを増やす タマネギの食べ方 を知ると より改善することができます。

タマネギに多く含まれているアリイン類にあります。

これは、精巣でのテストステロンの分泌を増やす働きがあることが、

最新の動物実験で明らかになったのです。

テストステロンの原料はコレステロールです。

コレステロールは40~50歳代の男性の体内にはたっぷりあります。

しかし、この年代になるとテストステロンを作る精巣の細胞が、老化やストレスにより衰弱してしまう傾向があるからです。

原料は豊富にあるのに生産ラインがうまく働いていないのです。

タマネギを食べて改善すると言っても、切り刻んだり、長時間熱を加えると、

アリイン類は分解され、なくなってしまいます。

北翔大学学長(元東海大学副学長)の西村弘行先生が発表された、

アリイン類が分解されにくい調理法を 案内致します。

「皮をむいたタマネギを丸ごと電子レンジで2~3分加熱し、

酵素の働きをストップさせてから料理をするとアリイン類の分解・喪失を防ぐことができる」

ということです。

お試しください。

タマネギとニンニク:テストストロンを増やす食べ物

タマネギとニンニクには、睾丸の酵素を刺激して、テストストロンの産生を増進させる成分が含まれています。

タマネギとニンニク:テストストロンを増やす食べ物

ニンニクには、さらに筋肉を分解ししまうコルチソルを抑える働きもあります。

タマネギとニンニク:テストストロンを増やす食べ物

テストストロンを意識して タマネギやニンニクを食べる方法は、皮をむかずに電子レンジに入れて加温したあと、スライスして食べることです。

この方法は、この刺激に反応できるだけの活力を睾丸が持っている必要があります。

———————————————————————–