男性更年期障害 って どんな感じ?

男性更年期障害 って ご存知でしたか?

聞いたことがある人は 多いと思いますが、踏み込んで知っている人は 少ないのではないでしょうか?

男性ホルモンが減少して、体のバランスを崩すことです。

男性ホルモン は 性欲 と直結しているイメージがあるのではないですか?

多くの人は 男性ホルモン は、性欲 と直結したイメージを持っています。

このイメージは、間違えているのではありませんが、本来の男性ホルモンは もっと広範囲に影響しており、男性の健康を守っているのです。

大きな影響力を持っているのは、良い血流を維持する働きがあります。

男性は、血流悪化しているとき、分かりやすい現象がおきます。

「朝立ち」です。

年を重ね、「朝立ち」の回数が減った・・・・

年だから しかたが無いか・・・・・

精力剤 を購入してまでの考えはないし・・・・

健康に問題が生じなければ 良い。

と 考えている方が多いのです。

「朝立ち」「勃起力」は 血流に大きく影響されているのです。

陰茎の血管は非常に細い血管が詰まっているからです。

血流が悪くなると、細い血管から、血液の流れが悪くなります。

「朝立ち」「勃起力」の問題は、血流悪化の兆し なのです。

ということは、将来、動脈硬化 など 血管系の病気が発症しやすい体質になって来ている 兆し なのです。

要注意 の健康状態なのです。

改善する対策は 男性ホルモン を増量することです。

 

男性ホルモンを増やす 食べ物を注意して食べる。

男性ホルモンを増やす サプリメント を愛用する。

などです。

 

 

男性ホルモンが多いとハゲるってホント?

男性ホルモンが多いとハゲるってホント?

「テストステロン値が高い人は成功者になる傾向が強い」「支持されリーダーになる可能性が多い」といった大変興味深い研究結果があります。

このテストステロンですが、異性を惹きつける「フェロモン」の発生にも深く関与しており、すぐに欲しい「ホルモン」ですよね。

でも、ちょっと気になることがあります。昔から男性ホルモンが過剰になるとハゲたり前立腺ガンになるって聞いたことありませんか?

    実は 間違い なんです !

男性ホルモンにもいろいろな種類があるのです。多く分泌されて困るのは、悪玉男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)です。

■抜け毛の原因!⇒ 悪玉男性ホルモン

抜け毛・薄毛の原因としては、不規則な生活、食生活の乱れ、間違ったシャンプーの仕方など、さまざまな事柄が考えられてきました。

しかし、最近の研究で、原因の9割がこの悪玉男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」にあるということがわかってきました。

ジヒドロテストステロン(DHT)は、テストステロンが不足すると逆に増えてくる厄介ものです。

そして、頭髪の工場とも言える「毛母細胞」と、皮脂を分泌して皮膚や毛髪の保護・保湿をする「皮脂腺」に悪影響を与え、髪の生成を妨げます。
そして、驚いたことに、この悪玉男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)は、頭髪には薄くするよう働きかけ、逆に、ひげや体毛には濃くするように働きかけるといわれています。

また、ジヒドロテストステロン(DHT)が過剰になることにより、前立腺癌の原因となる前立腺肥大を引き起こすともいわれています。
■テストステロンは、毛根を強くし、抜け毛を防ぐ

というわけで、抜け毛・薄毛を引き起こす男性ホルモンは、悪玉男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)であり、テストステロンではありません。

テストステロンは、むしろ毛根を強くし、抜け毛を防ぐ働きをするといわれています。

一般的に男性の髪の毛が女性よりも太いのは、テストステロンの分泌量が多いからといわれています。

 

男の更年期

男の更年期

女性の場合、閉経など更年期の扉的な体の変化がありますが、

男性の場合は、女性のようにハッキリした変化はありません。

しかし、男性の場合 「 朝立ち の 回数 」の変化が、それにあたります。

といっても、「 朝立ち 」 は急になくなったりはしません。

そう言えば、最近回数が減っているな・・・・

程度の自覚でしょう。

そんなものです。

しかし、これは男性ホルモン減少の兆しです。

この現症や、陰茎の硬さ不足 の悩みを解消するために、

バイアグラなど「勃起剤」に走る方もいますが、これらは、アクマで「 勃起剤 」です。

男性ホルモンを増やすため、睾丸に刺激を与えるものでもありません。

「 勃起 」 すれば良い 的な考えで作られた薬剤です。

男の更年期

男性更年期に見られる 症状としては、

更年期うつ

心疾患系の病気

成人病

メタボ

などが挙げられますが、この多くの原因は「 男性ホルモンの減少 」なのです。

男性は 40歳を過ぎると、男性ホルモンが激減します。

ですから、男の更年期対策は、「 男性ホルモンを増やす 」ことなのです。

男性ホルモンには、血流を正常に保つ 働きもあります。

血流が悪くなると どうなるでしょうか ?

様々な病気になる可能性が 高まります。

心疾患系の病気もそうです。

成人病も血流悪化や冷えが根本的な原因とも言われております。

しかし、最初に自覚できる血流障害が何か ご存知ですか ?

男性特有の「 朝立ち 」です。

陰茎は細い血管が集まっってます。

血管が細いと血流障害が表れやすいのです。

もちろん 「 勃起力 」もそうです。

男性ホルモンは精力にも絡んでいますが、健康の根幹に関係しているのです。

中高年男性の皆さん!

「 勃起力減退 」には、諦めが付く方もいるかも知れません。

しかし、心疾患系の病気 や 成人病 更年期うつ などは避けたい方が多いのではありませんか ?

男性ホルモンが増えると 精力が増すのも事実です。

そうなると、夜の生活 も楽しんでください。

男性ホルモンを増やすには、ニンニク や ニラ 玉ねぎ などを食べることも大切です。

簡単に取れるサプリメントも有効です。

マカ や トンカットアリ など 古来から男性の元気に役立ってきました。

マカ

 

マカ

トンカットアリ

トンカットアリ

写真をクリックして ご来店お待ちしております。