マカ と トンカットアリ の違い

マカ と トンカットアリ の違い

性力増進、滋養強壮のサプリメントとして 最も知名度があるのが 「 マカ 」 だと思います。

最近、急激に有名になってきたのが 「 トンカットアリ 」 だと思います。

この両者の違いは何なのか ?

まず、共通点は、性力増進、滋養強壮に作用していることです。

違いは、方法が違う 点です。

マカは、鉄分、亜鉛、アルギニンなど性力増進やエネルギッシュな生活に必要な栄養素が豊富に含まれているますので、

マカ と トンカットアリ の違い

体内環境が正常化され、結果として滋養強壮、性力増進の作用をもたらしているようです。

しかし、マカそのものには、男性ホルモンに分泌を強化する作用は無いということです。

ところが、トンカットアリには男性ホルモンの代表格である 「 テストステロン 」の分泌を促す作用があるとされています。

マカ と トンカットアリ の違い

男性ホルモン「テストステロン」は、性力だけでなく、男性の血流改善を促す作用があることが判明されていて、血流悪化の兆しとして

男性の「 朝立ち 」が注目されています。

陰茎の血管は非常に細く、血流が悪くなってくると、細い血管から症状が出始めますので、男性の血流にバロメーターとしても 「 朝立ち 」 が大切に考えられています。

マカ とは

マカは精力増強・滋養強壮に効果があるとして有名な健康食品です。

元気なつもりなんだが・・・・

体は正直なんだろうか ?  やる気はあるのに・・・・・ なんで ?

長年の疲れが残っているのかもしれません。 マカ を愛用してみませんか ?

マカは南米ペルー原産のアブラナ科の多年生植物で、植物性ハーブの栄養剤などとして幅広く利用されています。マカの歴史は非常に長く、特権階級の人々の食物として重宝されていたと伝えられています。

マカの根は、鉄分・ カルシウム・必須アミノ酸などのミネラル成分を含み、栄養剤に限らず、精力剤・滋養強壮薬など、幅広い用途で使用されています。

日本では数年前から主に精力増強効果のある健康食品として販売されています。中高年の男性を中心に人気を呼び、「精力増強といえばマカ」というイメージが定着しました。

精力増強の秘密は「アルギニン」
マカには「アルギニン」という、精力増強に深い関係がある成分が含まれています。アルギニンは精子の生成、血流の改善、成長ホルモンの分泌を促すなどの働きを持っており、これらの相乗効果で精力が増強されると考えられています。

ただし、アルギニンは単体の摂取ではさほど効果が無く、各種必須アミノ酸と同時にバランス良く摂取することで、精力増強に大きな効果を発揮すると考えられています。

そのため、マカやクラチャイダムといった、アルギニンをはじめとしたアミノ酸をバランス良く含んでいる健康食品が精力増強には有効です。

マカ は高価な食品です。

健康のため、夫婦円満のため 毎日愛用しやすくするために 品質を落とさずに価格を下げるために、インターネットだけで販売するサプリメントとしました。

 

マカ

マカ

古くから人気が高く、今でも人気 の成分は 「マカ」 ですね。

インカ帝国時代から重要な食物として栽培され、強烈な紫外線と酸性土壌、昼夜の温度差の激しい過酷な自然環境に育ちます。

土壌の栄養素を満遍なく吸い取るため、一度マカを栽培した土地は数年間不毛になるといわれます。

これ程に 土に含まれる栄養素を吸収してくれているのです。マカ が栄養剤として重宝され続けているのもわかりますね。

インカ帝国の時代には特権階級の食べ物として珍重され、戦勝をあげた兵士への褒賞として与えられたという研究もあります。

現地ではマカを「アンデスの人参」と呼び 滋養食として最も信頼を得ている貴重な植物です。

現在マカは、原産国であるペルー政府の貴重な外貨獲得資源となっており、マカそのものをペルー国外に持ち出すことは法律で禁止されているほどです。