自分が変わってくると、人のテニスも違って見える


台風の襲来が多く、週末雨の日が続いた。

テニスをしたのは2週間振りのように思う。

こんなに空いたのは 再開してから初めてかもしれない。

一ヶ月ほど前 サーブのラケットの回し方が 何かの拍子に頭の中に舞い込んできて、ヤッてみると 上手くでき、昔に近いサーブが入りだした。

それに伴い、ストローク ボレー も プッシュする感じが一層良くなった。

ストロークもボレーも それぞれ体の向きが正しくなって来たようで、また打点が体の中心で打てるようになって来て ボールをコントロールしやすくなっている。

ちょっとしたことの気づき この繰り返しで かなり回復した。

すると、他の人のテニスが チャチに見えてきて仕方がない。

人間って 本当に勝手なものであり、自己中の考え方、見方しかできないものなんだと痛感している。

今は また テニスが楽しくなってきているので 嬉しいし、良いことだ。

試合で勝てるくらいに回復すれば、本物だとおもうのだが、そこまで行けるかどうか?

その答えが楽しみであり、今の目標なんだ。