カテゴリー別アーカイブ: 未分類

夏バテ対策~血流改善で冷房病(クーラー病)を予防~シトルリンは血流改善に最適な成分

男性力強化・テストステロン増加・血流改善・滋養強壮・肉体疲労・冷え性改善では№1人気の高級男性用サプリメントやアンチエイジングサプリ・ダイエットサプリを扱っている【神戸ロハスフード】です。

 

夏バテ対策~血流改善で冷房病(クーラー病)

 

 

夏は、会社やお店ではエアコンが最強にきいています。

そのため、「手足が冷えてしまってつらい」と女性の多くが訴えてますが、男性もつらい人が増えてます。

そのままにしておくと、冷房病になってしまいます。

そこで冷房病(クーラー病)の対策をお話しします。

冷房で体が冷えると身体の末端に血液が届かなくなり、冷えてきます。

冷えてくると当然、代謝機能も衰え、免疫も下がり、体に悪影響を及ぼします。

そして何よりも、手足が冷え、時には頭痛も起こり、つらいですね。

対策としてまず

1、「血流改善」が重要です。

いくら体を温めても、体内環境で、血流が悪いと冷えは改善できません。

まずは、体内環境で血液がスムーズに流れる体にする必要があります。

オススメは「シトルリン」を日頃からサプリメント等で摂取することです。

シトルリンはきゅうりやスイカなどの野菜に多く含まれているアミノ酸の一種です。

体内で一酸化炭素を作り出す効果があります。

一酸化炭素はそもそも体内では不要な物質のため、身体は頑張って血管を広げ、排出しようとします。

血管が広がると血流量が増えますよね。

手足の末梢の血管が広がれば、冷え性が改善します。

また酸素を多く取り込めるので、筋力増強しやすくなります。

2、血流が良くなる体内環境ができると「ねじり腹式呼吸」で身体を温めましょう。

「ねじり腹式呼吸」とは、おへそを後ろに向けるようなイメージでしっかりねじることで、体が温まります。

さらにくびれができて、便秘にも効果があるんです!

上半身を軽く右にねじり、息をすってお腹をふくらませる。
↓↓↓
息を吐きながら、体をさらに右へねじる

簡単ですね。

 

 

 

3、サウナで体温の上げる!

サウナは冬に入るものと思われてませんか?

実は、サウナ効果は体を温めて新陳代謝を高めるだけでなく、体温そのものを高めてくれます。

体温が1度上がると免疫力は5~6倍。体温が1度下がると免疫は30%低下すると言われています。

50年前の日本人の平均体温は36.9度ありました。

冷え対策だけでなく、ガン予防等の健康増進のためにもサウナに入りましょう。

しかし、毎日、サウナ通いは難しです。

当店のオススメはナチュラルウッドさんの家庭用の「スマーティー」になります。

詳しくは⇒こちら

 

神戸ロハスフードではシトルリンをたっぷり配合したサプリメントを用意しております。

国内産の発酵型高濃度L-シトルリン配合のプレミアム品「シトルリンEXG」⇒こちら

シトルリンだけでなく強壮成分配合の「シトルリンα」⇒こちら

シトルリンとアルギニンをバランスよく配合した「アルシトX」⇒こちら

 

ネット通販が不安な方には電話、FAXでのご注文も受け付けいたします。
各種クレジットカードはもちろん、銀行振込、代引きでのお届けも承ります!

ご不明な点、ご質問があれば、【神戸ロハスフード】まで!


「実際どうだった?」「他のシリーズはない?」から
「良い飲み方を教えて」なんてご質問でもお気軽にお問い合わせ下さい!

***************************************************
男性メンズサプリとエイジングケアサプリ専門店

神戸ロハスフードホームページ http://www.ashiya-life.com/

TEL/FAX:050-7100-1309

〒665-0877 兵庫県宝塚市中山桜台6-17-310
***************************************************

男性ホルモンをバンバン増やすには! 男のアンチエイジング!

男性ホルモンをバンバン増やすには! 男のアンチエイジング!

 

 

年齢が増すごとに失われていく「男らしさ」。 いつまでも若い頃の外見・体力・健康は保てません。

それを防ぐにはどうすればいいのか? 

「男のアンチエイジング」として今回は男性ホルモン「テストステロン」の値を高いままキープする方法をお伝えします。

主要な男性ホルモンのひとつ、テストステロンが“下半身”だけに関係するホルモンと思ったら大間違いです。

内臓脂肪の増加、高血糖、高血圧や生活習慣病、さらには性格や精神面にまで影響を与えることが、最近の研究から明らかになってきました。

ではどうすればテストステロン値が上がり、男らしく、若々しくいられるのだろうか?

“薄毛(ハゲ)”は悪玉テストステロンの仕業

 テストステロン値は一般に年を取ると低下するが、個人差も大きい(グラフ参照。Int J Urol.2009 Feb;16(2):168-74)。

ストレスや食生活など、ちょっとしたことでも変化します。

  順天堂大学医学部泌尿器科学講座の堀江重郎教授は次のように話す。

 「たとえば熱心なプロ野球ファンの場合、応援しているチームが勝つとテストステロン値が上がり、負けると下がる。 また、意欲や気力とも密接な関係があり、テストステロン値が下がるとうつ病になりやすい(Endocr J.2012 Dec 28;59(12):1099-105.Epub 2012 Aug 31)。 俗に“ハゲにウツなし”というのも、あながち根拠がないわけではない」

また、「テストステロン減少が及ぼす影響の一つは、筋肉や骨の量の減少。そのため、筋骨はだんだん弱くなり、加齢とともに骨密度が低下して、やがて骨粗鬆症になりかねない。また、テストステロンには内臓脂肪をつきにくくする働きもある。これが低下すると内臓脂肪の増加、高血糖、高血圧の症状が現れ、その結果、心筋梗塞や脳卒中を引き起こしかねない。」

 男性型脱毛症、いわゆるハゲもテストステロンが関係している(J Cosmet Dermatol.2005 Jan;4(1):41-3)。

テストステロンには善玉と悪玉があり、髪が抜けるのは悪玉テストステロンの仕業だが、「一般に悪玉が多い人は善玉も多い」と堀江教授。 つまり、ハゲはテストステロン値が高い傾向にあるというわけだ。 すると、“ハゲは絶倫”という俗説も意外と……。

 昔に比べて気持ちが沈みがちな人は、テストステロンの分泌量が下がってきているのかもしれない。 テストステロン値が下がるとセックスのパワーが衰え、ED(勃起障害)などだけでなく、「LOH症候群」と呼ばれる“男性更年期”的な症状も表れてくるらしい。 肥満や糖尿病に加え、うつ病やアルツハイマー病のリスクも高まってしまう。Int J Urol.2009 Feb;16(2):168-74

しかし希望はあります。

分泌量が安定せず、ちょっとしたことで下がるということは、ちょっとしたことで上がるのだ。
年を取れば下がるが、前述したように個人差も大きく、「80歳の老人でも40歳の人より高いこともある」と堀江教授は言う。
そこで、、「テストステロンの値を高く保つ生活」のコツを次号で紹介しましょう。

次号へ続く

 

 

【お知らせ①】

当店では男性ホルモンのテストステロンを最大限に引き上げてくれる成分の

マカ、トンカットアリ、亜鉛がバランスよく配合されたSPカプセルをオススメします。

詳細⇒ http://www.ashiya-life.com/SHOP/SP30.html

【お知らせ②】

※新商品の「幻の黒マカ」と「シトルリンVX」をヤフーオークションで1円スタートで出品中!要チェック!【大好評】

(PCから)http://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/drsupple21

(携帯から)http://bit.ly/1bFeQmO

 

*************************************************** 男性メンズサプリとエイジングケアサプリ専門店 神戸ロハスフードホームページ http://www.ashiya-life.com/ ***************************************************