ワンルーム マンションを広く使う インテリア

ワンルーム マンションを広く使う インテリア

ワンルームマンションで広い部屋は見たことが、私はありません。

いや、テレビでは 見たことがありますが、私は見たことはありません。

私の生活している環境では、テレビで見たことがあるようなセレブのワンルームに住む方がいないのだとは思いますが、

おそらく、大勢の方は 私との違いはあるでしょうが、概ねでは同様ではないでしょうか?

お客様から いただいた 写真を例に 「 ワンルームマンションを広く使うインテリア 」を紹介します。

ワンルームマンションを広く使うインテリア

写真には カウンターチェアが 2脚写っていますが、ワンルームマンションだそうです。

カウンターテーブルの下のスペースと カウンターチェアのサイズが ピッタリですね。

あまりにピッタリなので 驚きましたが、カウンターテーブルは始めから付いていたものだそうです。

ワンルーム マンションを広く使う インテリア

次にご紹介するのは、オープンキッチンのテーブルを食事や事務作業や軽作業などに活用するために、カウンターチェアを活用されているそうです。

ワンルームマンションを広く使うインテリア

 

次も オープンキッチンに合わせた カウンターチェア です。

 

ワンルームマンションを広く使うインテリア

みなさん カウンタ^テーブル が始めからあった様ですね。

ワンルームマンションでオープンキッチンの設計になっているのは、少ない方だと思いますが、オープンキッチンがあれば、これらの写真のような組み合わせを是非考えて欲しいです。

ちょっと離れますが、別荘やリゾートマンションには オープンキッチンのワンルーム 又は 1LDK は多いようです。

最近 定年退職後 格安リゾート物件を購入して 永住 又は 半定住 される方が 増えていると聞きます。

そんなライフスタイルにも 狭いLDKには、オープンキッチン カウンターテーブル、カウンターチェア の組み合わせを参考にしてください。

 

 

二人暮らしに カウンターチェア

二人暮らしに カウンターチェア

お客様からいただいたお写真を紹介します。

お子様お二人は、独立されていて、二人生活と言うことです。

見てください、このステキな空間

二人暮らしに カウンターチェア

椅子の張り生地 と 後ろに写っている 間仕切り用のロールスクリーンのカラーを合わせてらっしゃいますね。

後ろに写っている部屋の床を上げておられるのは、床下に収納をするためだそうです。

部屋を広く使う工夫もされていますね。

広くない中古マンションを購入され フルリフォームをされたそうです。

お食事などは 写真に写っているカウンターテーブルを使われるのでしょうね。

このように、工夫されれば、充分な空間ができている と思います。

私も、お客様と それ程年の差は無いと思いますので、

このような 生活空間には 何故か 憧れを感じます。

二人暮らしに カウンターチェア

この写真は、クローゼットの横に ちょこっと 置いてあるカウンターチェア2脚を見て欲しかったのです。

普段は、飾りものを置いて楽しもうかと考えられているようですが、ほんらいは、独立されたお子様が遊びに来られたときの為に、座面高を合わせたカウンターチェアを2脚用意されているのです。

親としての気持ちは 皆様もわかりますね・・・・

これから、このような生活スタイルの方も増えるように思えます。

二人の生活に、大きな家は必要ないですからね。

私などは、二人の生活になれば、小ぢんまり、便利に生活したい類です。

金銭的にゆとりがあれば、考えも変わるかもしれませんが、少しでも金銭的な苦しみから遠ざかりたいと考えると、私の場合は、小ぢんまり と考えてしまいます。

仕事をされてる間は、通勤のできる範囲と言う 制約ができますが、完全退職されたり、何処ででもできる仕事であれば、遠くない地方に移ることも考えの一つだと思ってます。私はこんな考えですので、 つい今回いただいたお写真には、共感してしまい、参考にさせていただけます。

お写真 ありがとうございます。

二人生活のリビング ダイニング

二人生活のリビング ダイニング

二人の新居を聞くと 若い二人を想像される方が多いだろう。

確かに 多いと思う。

案外 高齢の二人の住居も多いと思う。

新居だから どうしても若い感じに受け取るのだろう

家族って、子供が独立してしまうと、また熟年夫婦 二人になってしまう。

この場合は、新居ではないのかもしれないけれど。。。

私は カウンターチェアの販売を始めて 10年になる。

インターネットでの販売なので、納入先を見たこともなければ、お客様の顔を見たこともない。

しかし、電話やメールでの会話内容から 想像できる暮らしぶりもある。

リビング・ダイニングにカウンターチェアを購入される方は、案外熟年カップルも含まれていると思えるのだ。

もちろん お子様の小さい家族の方も多いのだが、その場合は 購入される椅子の数は 4脚以上のようだ。

カウンターチェアの販売の中では 2脚の注文も結構ある。

私も、熟年なので、生活環境を考えると 理解し易いから 余計にそう思ってしまう。

夫婦 二人の生活になってしまうと考えると、そのとき、引っ越しや改築を考えたとすると、大きなダイニングテーブルの必要性が 薄れてくるからだ。

部屋が大きくて、ダイニングテーブル、リビングソファ リビングテーブルと置ければそれは良いが、そんな家庭の方が少ないと思えるからだ。

たかが、カウンターチェア販売でも、10年近くやっていると こんな事まで思ってしまうときがある。