隠れ家 探し

私は63歳になった。

しかし、一人息子がまだ大学生だし、私は蓄えもないので、大学卒業までは働いて学費などを稼がなくてはいけない。

と言っても、自営業の私には、年々背負っているもが重く感じる そんなひ弱なな【おっさん】だ。

息子の大学卒業が、私の背負っているものからの卒業の一つになっているようだ。

私の卒業記念に 隠れ家生活を模索している。金銭的な問題でできるかどうかの疑問はあるが、それは今考えないようにしている。

何と言っても、バブル期に造られて残骸の様になっているリゾート物件が買えるかもしれない格安で販売されているからだ。

ブログでしか調べてないけれど、問題も色々含んでいるようだ。また自分の健康が何年続くのか、考えても分からない問題もある。考えても分からないと言っても30年は続かない。

今は情報集めと物件検索が 私の趣味の一つになっている。

そんな 情報や格安物件をブログにまとめてみる。

同じ様な考えの方も 居ると思えるので、そんな方は 情報の一つとして参考にしていただければ嬉しいです。

関西在住なので 情報は関西が中心になります。


気になる物件情報

バブル期に建てられた格安物件はあちこちこ点在しているようです。マンションの場合比較的高い【管理費】や戸建てで格安物件は【雨漏り・家の傾き】など問題も散在しているようです。

 

リゾート物件の諸問題 別荘地が無難なのか・・・

田舎暮らしでは、地元住民との問題が場所によってあるようです。 ゴミ捨て場は自治体のものなので、外されるとゴミすら捨てる場所がないと言うケースもあるそうだ。

生きいきとしたリゾート生活 自然を満喫し、スキーにゴルフにテニス、温泉を満喫されているシルバー族も結構いるそうだ。

物件に関わる問題 不動産と言っても 極端に言えば「資産価値:0」人によって「利用価値:有り」の不動産だから・・・

マンションのとき 資産価値「0」物件のマンションは購入してもリスクが大きい。管理費・修繕費など毎月の維持費を使わなくなっても支払い義務があり、資産価値「0」物件が、売りたい時に売れれば良いのだが、売り辛いことが問題。さらに大規模修繕のとき高額の修繕費を要求される可能性があること。これらがリスクと言える。

売値を下げれば売れる物件なら良いのだが、資産価値「0」とは、売買価格がいくらくらいの物件を指すのか?

10万円とか50万円で売られている物件は、資産価値「0」物件と考えているが、現在300万円程度で売りに出ている物件(築25年)程度は10年後いくらになっているかを想像できれば良いのだが・・・・

戸建てのとき 利用しなくなったとき、支払い義務が残るのは固定資産税と別荘地の場合は管理費。別荘地の管理費は年間で2万円~5万円程度なので、マンションの管理・修繕費と比較するとかなり安いので安心。ただし、格安物件は雨漏りや家屋の傾きなどの可能性もあるので、現地確認を慎重にする必要があるようだ。

戸建てであっても、大きな家は壁紙の張替だけでも費用がかかるので、私の様な考えの人間は手軽な間取りが良いと考えてます。

戸建ての安い物件を10年後売りに出すとしたとき、土地値だけだろう。土地価格の変動は分からないが、毎月の維持費がそれ程必要ないので、利用価値があればマンションのようなリスクは少ないだろう。



私にでも出来そうな手料理

自炊も楽しみのひとつ。

 


嫁との仲は 離婚する程ではないと思っているが 仲の良い夫婦とは言えない。

中の下 くらいかな・・・・


It\'s only fair to share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn